就活で悩むあなたはコチラ!

Webist(ウェビスト)って何?新たなWeb系転職支援サイトに迫る!

どうも、ゆうです!

 

今回はWebist(ウェビスト)というWeb系転職支援サイトについてご説明したいと思います!

 

この記事は、

 

 

「未経験だけどWeb業界に転職したい!」

 

「クリエイティブ系での仕事を探してる」

 

「Webist(ウェビスト)って何?」

 

 

と思っているあなたに向けた記事となっています。

 

 

この記事を読んだら、

 

Web業界未経験の人は、未経験OKの求人を多く見つけることが出来ます!

 

 

また元々業界人で

 

「さらにキャリアアップしたい!!」

 

と思っているなら、自分のやりたいことが実現できる職場を見つけることが出来るでしょう!

 

この記事を読んだあとは

 

「読んで良かったな♪」

 

と思っているはず!!

 

是非良かったら読んでみてください😊

Webist(ウェビスト)とは

Webist(ウェビスト)とは?

 

Webist(ウェビスト)についてまず説明したいと思います。

 

Webist(ウェビスト)とはクリーク・アンド・リバー社が運営する

 

Web・広告・出版業界に特化した求人情報サイト・就業サービスのことです。

 

いわゆる転職エージェントです!

 

クリーク・アンド・リバー社は設立して31年の東証一部上場のクリエイティブ系のエージェンシー(代理店)です。

 

クリエイター系の人材サービスにおけるパイオニア的な企業です。

 

東証一部上場の企業が運営している会社なので、信頼性の高い企業です。

Webist(ウェビスト)は無料で利用できる!

 

Webist(ウェビスト)は無料で利用することが出来ます!

 

無料でサービス利用できるのは、Webist(ウェビスト)が転職エージェントだからです。

 

転職エージェントだから無料という理由は後ほど説明するとして、

 

まず転職エージェントの概要について説明します。

 

転職エージェントとはは人材紹介サービスの1つです。

 

転職エージェントの大手だと、リクナビエージェント、マイナビエージェントとかが有名です。

 

転職したい人のアドバイザー(エージェントとも言う)になってくれ最適な求人を紹介しています。

 

企業の求人紹介から面接調整、給料交渉など転職に必要なサポートをしてくれます。

 

転職エージェントの特徴

 

①転職の相談にのってくれる

 

②あなたの適した求人を紹介してくれる

 

③履歴書や職務経歴書を添削してもらう

 

④面接対策をしてもらえる

 

⑤選考日程を調整してもらう

 

⑥面接確定後も給料交渉してくれる

 

それで無料な理由は転職エージェントはあなたが入社すると、

 

企業から謝礼(紹介料)として年収の30%前後に当たる額を受け取っているからです。

 

転職エージェントとは

 

上の画像は転職希望者と転職エージェント、企業との関係性です。

 

この関係性が成り立つことによって、転職希望者は転職出来ます。

Webist(ウェビスト)の特徴

Webist(ウェビスト)の特徴

 

Webist(ウェビスト)の特徴について説明したいと思います。

① 大手・有名企業の求人を取り扱っている

 

設立31周年の東証一部上場の企業が運営することだけあって、数多くの有名な企業と取引があります。

 

長期に渡り経営層および採用担当者と関係を築いてきました。

 

以下の企業が取引している有名企業です。

 

取引企業例

 

LINE株式会社 Septeni Japan株式会社 ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 エイベックス・マネジメント株式会社

 

 

エヌ・ティ・ティレゾナント株式会社 クックパッド株式会社コニカミノルタジャパン株式会社 スターバックスコーヒージャパン株式会社

 

 

ソニー株式会社 ソネットエンタテインメント株式会社 ソフトバンク株式会社 パナソニック株式会社

 

 

ヤフー株式会社 楽天株式会社 株式会社AbemaTV 株式会社DMM.comラボ

 

 

株式会社DNPコミュニケーションデザイン 株式会社JALブランドコミュニケーション 株式会社KADOKAWA

 

 

株式会社LIXIL 株式会社NTTドコモ 株式会社SBI証券 株式会社アイ・エム・ジェイ 株式会社アイスタイル

 

 

株式会社アサツーディ・ケイ 株式会社オプト株式会社カカクコム 株式会社カヤック 株式会社ぐるなび

 

 

株式会社セブンドリーム・ドットコム 株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント 株式会社たき工房

 

 

株式会社タグボートデザイン 株式会社ディー・エヌ・エー 株式会社ディーエイチシー 株式会社ディスコ

 

 

株式会社ディノス・セシール 株式会社ドクターシーラボ 株式会社ノエビア 株式会社ベネッセコーポレーション

 

 

株式会社ミクシィ 株式会社リクルートコミュニケーションズ 株式会社リクルートホールディングス 株式会社レアジョブ

 

 

株式会社講談社 株式会社集英社 株式会社電通 株式会社東京アドデザイナース 株式会社博報堂

 

 

株式会社博報堂プロダクツ  大日本印刷株式会社 凸版印刷株式会社 日本マイクロソフト株式会社
他3,000社以上(順不同 敬称略)

 

引用:取引企業の一覧

 

WEB業界やIT企業、広告業界の超有名企業や

 

LIXILやソニーなどのメーカーとも取引されているのも分かります。

 

またここには載っていませんが、中小企業やベンチャー企業とも取引がありますので、

 

中小企業やベンチャー企業の求人も取り扱っているのも嬉しいところです。

② イベント・セミナーを開催している

 

Webist(ウェビスト)はクリエイターや

エンジニアが、

 

 

スキルアップしてキャリアアップしてほしい

 

 

という趣旨でイベントやセミナーを開催しているのも特徴の1つです。

 

 

具体的にどのようなイベント・セミナーを開催しているかというと、

 

 

Web・IT業界に転職を成功してもらうため

 

ポートフォリオ・スキルシートの作り方講座

 

を開催しているようです。

 

転職初心者にとって、ポートフォリオ・スキルシートの作り方を教えてくれるのって有難いですよね。

 

どうやってポートフォリオ・スキルシートを作ろうか悩んでしまうところだと思うので。

 

ポートフォリオ講座だけではなく、Webist(ウェビスト)はエンジニアやクリエイターのスキルアップのために

 

・ Google Big Query

 

・「Tableau」の使い方

 

など定期的にイベント・セミナーを開催しています。

③専門エージェントによる就業支援サポート

 

Webist(ウェビスト)の3つ目の特徴として、

 

専門エージェントによる就業支援サポート

 

をしているところです。

 

どういうことか説明しますと、

 

クリエイティブ系に精通したエージェントさん(アドバイスする人)がサポートしてくれます。

 

業界に精通しているエージェントさんがいるのは有難いですよね。

 

他の転職エージェントだと業界への理解が足りない

 

エージェントさん(アドバイスしてくれる人)が担当になってしまうことがありますので。

 

業界・職種をよく知っている人の方が、アドバイスが有益ですよね。

 

Webist(ウェビスト)は業界を熟知している人材が多いです。

 

参考 Webディレクターやデザイナー・コーダーなど、広告系クリエイター専門の求人(派遣・転職)サイト|Webist(ウェビスト)取得できませんでした

Webist(ウェビスト)の良いところ

Webist(ウェビスト)の良いところ

 

では次に、Webist(ウェビスト)の良いところについて紹介したいと思います。

① それぞれの理想の価値観を尊重した上で、求人を紹介してくれる

 

Webist(ウェビスト)の良いところは

 

それぞれの理想の価値観を尊重した上で、求人を紹介してくれる

 

という点です。

 

たとえ転職希望者が、現実的に厳しい条件での求人を提案を求めたとしても、

 

Webist(ウェビスト)のエージェントさんは

 

その人の思いを尊重したい!

 

ということで、希望にあった求人を探してくれる親切心があります。

 

Webist(ウェビスト)は親身に考えるエージェントが多いのが良いところです。

 

親身になって転職希望者をサポートしてくれます。

 

Webist(ウェビスト)はサポートが充実していますが、他の転職エージェントはそうとは限りません。

 

僕は何社か転職エージェントを利用したことありますが、

 

「これはちょっと・・・」

「ダメじゃないか・・・」

 

と思うエージェントさんも中にはいました。

 

というのもエージェントさんのレスポンスが悪かったんですよね。

 

僕が転職活動のことで相談しようと連絡したんですが、2日、3日経って連絡がくることがザラにありました。

 

レスポンスが遅くなると、転職活動の進みも悪くなるし、

 

そして何よりも

 

このエージェントさんで大丈夫かな?任せもいいのかな?

 

という不安な気持ちが出てしまいます。

 

そのエージェントさんに対して不安な気持ちを抱えたまま選考に臨むのは、不安になると思います。

 

そのエージェントさんがサポートしていく訳だから。

 

ですから、エージェントの質は転職活動を成功させるためにとても大事!

 

その分はWebist(ウェビスト)のエージェントさんは親切です!

② 転職希望者のライフスタイルあった働き方を選べる

 

Webist(ウェビスト)の良いところ2つ目は、

 

転職希望者のライフスタイルにあった働き方を選べる

 

という点です。

 

理想の働き方を実現してもらうため、その人に合った働き方を見つけることが出来ます。

 

雇用形態でしたら正社員・契約社員・紹介予定派遣・派遣・業務委託などから選べます。

 

またWebist(ウェビスト)のこだわり検索を利用すれば

 

「残業なし求人」

「週4休み」

 

など自分が重きを置いている働き方を選べることが出来ます。

 

Webistのこだわり検索

 

こだわり項目がこれだけあれば、自分にあった職場を見つけれそうですよね!

どんな人がWebist(ウェビスト)オススメ?

 

では次にどんな人がWebist(ウェビスト)を使うのがオススメなのか説明したいと思います。

 

以下の職種で転職を考えている人は、Webist(ウェビスト)を利用した方がいいです!

 

Webist(ウェビスト)対象職種

 

・Webマーケター

 

・Webディレクター

 

・Webデザイナー

 

・Webコーダー

 

・フロントエンドエンジニア

 

・Webコンサルタント

 

・Webプロデューサー

 

・Webライター

 

・グラフィックデザイナー

 

・カメラマン  他多数

 

 

上記であげた職種以外でも、Web系・クリエイティブ系の職種でしたら登録した方がいいです!

 

参考 Webディレクターやデザイナー・コーダーなど、広告系クリエイター専門の求人(派遣・転職)サイト|Webist(ウェビスト)取得できませんでした

Webist(ウェビスト)の利用者の声

 

 

Webist(ウェビスト) を利用した人の声が以下の感じです。

 

Webist(ウェビスト)利用者の声

 

はじめての転職ということもあり、自分の経験やスキルが世の中でどの程度通用するのか全く分かりませんでした。

 

「よく、そんなレベルで」なんて言われそうで、求人に応募できなかったんです。

 

んな時に、たまたま見つけたのがWebistでした。

 

 

登録後、転職エージェントに素直に悩みや不安を打ち明け、経験やスキルなどお話したところ、

 

 

自分が思っている以上に “市場価値が高い”と言っていただけました。

 

 

さらに、キャリアプランもアドバイスいただき、お仕事もいくつか紹介してくれました。

 

最終的に選んだのは、急成長中の有名ベンチャー企業。

 

今は成長意欲の高いメンバーに囲まれて、充実した毎日を送っています!

 

引用:サービス利用者の声

 

上記は初めて転職した人の声ですね。

 

初めての転職ということで、右も左も分からない状況だったと思いますけど、

 

Webist(ウェビスト)を利用したことで、良い企業に入ることが出来たみたいですね。

 

初めての転職ということで分からないことや悩みが出てしまい、不安になってしまうと思うんですよね。

 

でもそういう悩みを聞いてくれたり、アドバイスをしてくれる人が近くにいれば、

 

勇気を持って転職活動に臨むことが出来ると思います。

 

だからWebist(ウェビスト)に頼ってしまえばいいですね!

 

参考 Webディレクターやデザイナー・コーダーなど、広告系クリエイター専門の求人(派遣・転職)サイト|Webist(ウェビスト)取得できませんでした

今ある転職エージェントと何が違う?

 

では次にWebist(ウェビスト)は他の転職エージェントと何が違うのか。

 

自分なりに考えてみましたので、ぜひ参考にしてみてください。

自分で求人検索出来るのが嬉しい

 

自分のパソコンから

 

どんな求人があるか?

 

と検索し、把握できるのがメリットです。

 

下の画像のように検索機能があります!

 

Webist(ウェビスト)の求人検索

 

求人検索が何故出来るといいのか説明すると、

 

自分にとって価値のある転職支援サイトなのか、いち早く判断することが出来るからです。

 

他の転職エージェントだと、

 

「どういう企業の求人ありますか?」

 

エージェントさんに直接尋ねないと分からないです。

 

ネットで公開している求人もあれば、敢えて非公開にしている求人もあるので。

 

Webist (ウェビスト)はエージェントさんに問い合わせなくても、どんな求人があるのか把握出来ます。

 

求人情報が見えることによって、このエージェントは自分にとって価値があるかのか判断できますし、

 

価値がなかったら使わないという選択もできます!

 

わざわざ行って興味のない求人しか案内されなかったら、それはちょっと悲しいです。

 

ですから求人の見えやすさは、メリットなのです。

参考 Webディレクターやデザイナー・コーダーなど、広告系クリエイター専門の求人(派遣・転職)サイト|Webist(ウェビスト)取得できませんでした

Webist(ウェビスト)を利用の流れ

 

ではここでWebist(ウェビスト)を利用方法について説明したいと思います。

 

下記がWebist(ウェビスト)を利用してから、転職先入社までの流れです。

 

Webist(ウェビスト)利用の流れ

①Webist(ウェビスト)に無料登録

 

②エージェントさんとキャリア相談

 

③相談をもとに求人紹介

 

④紹介先の選考を受ける

 

⑤内定をもらう

 

⑥入社前のサポート(給料の交渉等)、契約する

 

⑦転職先入社

 

リクナビエージェントやマイナビエージェントなどの有名な転職エージェントと利用の流れは同じです。

 

参考 Webディレクターやデザイナー・コーダーなど、広告系クリエイター専門の求人(派遣・転職)サイト|Webist(ウェビスト)取得できませんでした

クリエイティブ系を志す人はWebist(ウェビスト)を使うべき!

 

Webist(ウェビスト)というWeb業界、広告/出版業界、IT業界を専門に扱う求人情報サイトをご紹介しました。

 

いかがでしたか?

 

いずれにしてもクリエイティブ系を志す人はWebist(ウェビスト)を登録した方がいいです。

 

クリエイティブ系を専門に取り扱う求人情報サイトはそうありません。

 

リクナビエージェントやマイナビエージェントなどの一般的な転職支援サイトですと、

 

どうしても数に限りがありますし、クリエイティブ系の求人を探すのに手間がかかると思います。

 

Webist(ウェビスト)にしか掲載されていない案件とかもありそうですし、

 

情報を多く知っておくことで転職活動を優位に進めることが出来ます!

 

参考 Webディレクターやデザイナー・コーダーなど、広告系クリエイター専門の求人(派遣・転職)サイト|Webist(ウェビスト)取得できませんでした

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です