スキル・実績なし!25歳の転職活動の始め方

【これで理解】退職代行を使うメリット・デメリットとは?

退職代行が巷で知られるようになり、

サービスを利用する人が増えています。

 

その一方で

 

・お金を払ってまで、利用する価値があるのか?

 

・金額以上の価値があるのか?

 

と考える人が多いかと思います。

 

そこで今回の記事では、

下記のこと説明します!

ここがポイント

  • 退職代行のメリット・デメリット
  • 退職代行を利用すべき人とは?

 

50秒以内で読める内容ですので

是非読んでみてください!

退職代行のデメリット

 

では、退職代行を利用する

デメリットについてご説明します!

① 退職するのにお金が掛かる

 

まずは、なんと言っても

退職するのにお金がかかること。

 

退職は、本来自分でやるもので

自分でやれば、お金はかかりません。

 

しかし退職代行を利用するのに

3万から5万円ほど必要になります。

 

料金が掛かるのはネックですね!

② 退職がクセになってしまう

 

退職がクセになる可能性があります。

 

自分で退職の意向を伝える場合、

やはり気まずいもの。

 

この気まずさがあるから、

退職できずにいる事はあると思います。

 

しかし退職代行を利用すれば

気まずい思いをせず、その日に退職出来ます。

自分がベッドで横になりながら、

退職だってできます。

 

楽に退職できるから、

また「会社を辞めたい」と思った時

退職代行を利用する可能性があります。

 

ですので退職代行を1回利用したら、

もう気持ちを切り替えて

 

長く勤めれる会社を

見つける様努力すると良いでしょう!

③ 退職後は、上司や同僚と会いにくくなる

 

退職代行を利用したら、

上司や同僚に会いにくくなります。

 

まぁ、これはしょうがないですね。

退職代行を利用するのであれば。

 

ですが、退職後に上司と同僚と

会う事はまずないです。

 

僕も会社を辞めましたが、退職して以来、

会社の人と会っていないです。

 

会社の人との関係性は、そんなもんです。

 

だからこの点は

気にする必要はないかと思います。

④ 履歴書に傷がついてしまう

 

退職するということは、

履歴書に傷がついてしまいます。

 

今後の転職活動で評価が下がる

可能性は0ではありません。

 

ただ、これは仕方がないことですね。

 

もし無理して今の会社を続けたら

心身の調子を崩すかもしれません。

 

大事なのは会社ではなく、あなたの心身です。

 

あなたがまず元気で生活しないと。

⑤ 次の転職先が決まってないと収入がなくなる

 

会社を辞める上で最大の懸念は

収入が途絶えてしまうこと。

 

今後の生活費を

どうするか考えないといけません。

 

退職後の生活が心配ですが、打開策はあります。

 

日本には失業保険がありまして、

それを利用したら良いですね!

 

失業保険とは

 

定年、倒産、契約期間の満了等により離職し、失業中の生活を心配しないで、新しい仕事を探し、

 

1日も早く再就職していただくために支給されるもの

 

支給期間は、会社に勤めた期間に

応じて変わりますが、ざっくりいうと

 

退職前6ヶ月の賃金×65%

 

ぐらいは支給されます。

 

賃金には残業代や通勤手当も含まれます。

 

失業手当は自己都合退職なら

支給開始が申し込み後3ヶ月後です。

 

ですので、支給までの期間は

貯金をきり崩す感じです。

 

貯金を減らししていく

生活はメンタルはやられますけど・・・

 

ただ例外として、

「特定受給資格者」に認められた場合、

 

申し込みしてから、

7日後に受け取ることが出来ます。

 

特定受給資格者とは
簡単にいうと会社都合で退職した人のこと。

 

過度な長時間残業が続く人など。

 

退職直前6ヶ月間の残業時間が

 

・3ヶ月連続で45時間超

・1ヶ月で100時間超

・2ヶ月から6ヶ月平均で月80時間超

 

のいずれかに当てはまる場合、特定受給資格者になれます。

 

失業手当は3ヶ月間貰えますので、

その3ヶ月の間に転職活動すると良いです!

 

支給が終わる時に

転職先が決めればオッケーですね!

退職代行を利用するメリット

 

では、逆に退職代行を利用する

メリットをご紹介したいと思います!

① 退職の意向を伝えるストレスがなくなる

 

まず、退職代行を使う

1番のメリットと考えていいでしょう。

 

退職を伝えるストレスがなくなること。

 

退職を伝える際、

以下のようなストレスを感じます。

 

・性格的に人に言うことが苦手

 

・引き止めをされて辞めれないかも・・

 

・人員不足で辞めると言いにくい

 

退職を言い出せない人や

退職を認めない上司と働く人

にとって有難いと思います!

② すぐに会社を辞めることが出来る!

 

退職代行を利用するメリット2つ目は、

 

すぐに会社を辞めれること

 

です。

 

退職代行を利用すれば

即日に会社を辞めることが出来ます。

 

民法の規定では無期雇用の人の場合、

2週間前までに退職の旨を伝える必要

があると書かれていますが、

 

会社が認めれば、

その日でも退社できます。

 

出社しない社員に保険料など

掛かってきたりするので

 

多くの会社はすぐ

会社を辞めることが出来ます。

③ 上司に一切顔を合わせず辞められる

 

退職代行を利用すれば

上司と一切顔を合わさずに

会社を辞めれます。

 

退職届の提出も郵送でOK!

 

電話連絡も代行業者に

お願いするので、自分で

電話する必要がありません。

 

ブラックな会社だと

退職を告げた時に嫌がらせ

をされる事がありますが、

 

退職代行を利用すれば

そのような精神的苦痛を味わう

ことがありません。

 

会社の人間に会わず

会社を辞めれるのが退職代行の魅力です。

④ 退職できる確率が100%

 

退職代行はお金が掛かりますから

失敗されると困りますよね?

 

だから退職成功率がどれくらいか

気になるところ。

 

どれくらいの確率で退職できるのか言うと、

 

ほとんどの退職代行業者は、成功率100%です!

 

退職代行業者であるSARABAは、退職成功率がほぼ100%

 

“ほぼ”というのは、依頼者が

最後退職ではなく、休職を選んだため

結果退職できませんでした。

 

退職は出来る状況だったそうです。

 

だから実質の成功率は、100%

 

他の有名な退職代行業者も

成功率は100%です!

 

このように高い確率で

退職できるのも、退職代行の魅力の1つです。

⑤ 弁護士に依頼するよりも格安で退職できる

 

退職代行は、3万円から5万円ぐらいで

依頼できるのもメリットです。

 

これがもし弁護士に依頼すると、

15万円ぐらいかかってきます。

 

弁護士資格があるので

交渉できますし、質は高いです。

 

ですが退職するだけで15万は高いです。

 

弁護士と比較すると、格段に安いので

退職代行を利用するのはメリットです。

退職代行を利用すべき人

 

退職代行の利用を

オススメする人は、以下の通りです。

 

退職代行を利用すべき人

・入社したばかりで退職を言い出しにくい

 

・上司が怖くて退職を言い出せない

 

・会社に行きたくなくて、限界を感じる

 

・会社の雰囲気で退職を言い出しにくい

 

・退職を認めてくれない

 

・退職を言い出したけど、うやむやにされた

 

・メンタルが弱い人

 

上記に当てはまる人は

退職代行を利用する価値があります。

 

「自分は大丈夫だ」と思って

退職を引き伸ばしていたら

 

自分の精神や体を壊してしまう可能性があります。

 

是非上記に該当する人は、

検討してみてください!

まとめ

 

退職代行を利用する

メリット・デメリットを

ご説明してきました!

 

退職代行を使う

メリットを考えると

 

会社を辞めにくいと思う人や

退職を言い出しにくい人は

検討してみるといいです。

 

個人的にオススメなのが

退職代行「SARABA」を使うこと!

 

お値段が27000円で業界的に安い部類です。

 

退職成功率100%でありますので

安心して利用できるでしょう!

 

SARABAが気になったあなたは

下のURLをクリック!

【徹底解説】退職代行SARABA(サラバ)って実際のところどうなの?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です