就活で悩むあなたはコチラ!

内定辞退代行「リクセル」の評判はどう?口コミは?

 

内定辞退代行リクセル口コミはどんな感じ?」

 

リクセル評判は?」

 

という疑問をお持ちではありませんか?

 

この記事は、リクセルのことを

知りたいあなたに向けた記事となっています。

 

リクセルの担当者に取材を行い

徹底的に調べた僕が、

あなたの疑問を解決します。

 

具体的には

 

・リクセルのサービス内容

・リクセルのメリット・デメリット

・口コミ&評判

・代行料金

・競合他社との比較

 

の順番にご紹介していきます。

 

70秒もあれば読める内容ですので

ぜひ読んでみてください!

内定辞退代行「リクセル」のサービスの内容

 

内定辞退代行「リクセル」は

依頼者に変わって、内定辞退を

してくれる業者のことです。

 

近年、内定辞退を告げると

企業からの引き止めや脅されたりして

 

内定辞退できない

就活生や社会人が多くいます。

 

こういった背景があって

内定辞退代行を利用する人が増えています。

 

 

内定辞退は

 

「自分でするものだ」

 

と思う人にとって、

内定辞退代行は理解できない

サービスかと思います。

 

しかし、人それぞれで

置かれる状況は違います。

 

内定辞退を出来ず、

苦しんでいる人がいるのも事実。

 

自分で内定辞退するのが困難な人にとって

内定辞退代行は価値のあるサービスなのです。

 

内定辞退代行「リクセル」は

下記に該当する人がオススメです!

 

リクセルはこんな人がオススメ

 

・内定辞退を告げるのが怖い

 

・担当者が怖い

 

・内定辞退する方法が分からない

 

・内定辞退の手続きが面倒臭い

 

・内定辞退したけど、引き止めされている

 

・入社日間近で辞退するのが気まずい

 

内定辞退代行「リクセル」を使うメリット

 

内定辞退代行「リクセル」を

利用するメリットを紹介します!

① 内定辞退成功率が100%であるところ

 

まず「リクセル」を利用するメリットは

内定辞退成功率が100%ということ!

 

未だに失敗はしたことがないそうです。

 

怖そうな採用担当者の人でも、

入社日が間近であっても

内定辞退出来ます。

 

失敗したことがないことは、

利用を検討する人にとって

安心材料ですよね。

 

② 即日内定辞退できる

リクセルを使うメリット2つ目は

相談したその日に内定辞退できること!

 

早く内定辞退できれば

その後は、もう悩む必要はないですし

次に進めれますよね!

 

今まで内定辞退できず、

モヤモヤしていたのも、おさらば!

 

逆に内定辞退出来ず

引きずるのは良くないですし

企業に迷惑をかけるかもしれません。

 

だったら最初からリクセルを使って

さっさと内定辞退するのもアリですね!

③ 内定辞退に失敗したら、全額返金してもらえる

 

「リクセル」を使うメリット3つ目は

内定辞退に失敗したら、全額返金してもらえること!

 

個人的に全額返金保証

ついているのは、すごく良いと思いますね!

 

僕が知っている限り、

全額返金保証をつけているのはリクセルだけ。

他の業者だと全額返金保証はついていないです。

 

利用者にとって有難いですし、

「失敗したら全額返金」ということは

 

裏を返せば、

内定辞退できることに自信がある証拠!

 

万が一辞退の意向を伝えたけど、

 

「内定辞退を認めない」

 

と担当者に言われても、

お金は返ってきますし。(失敗することは限りなく、ないに等しい)

 

はっきり言って、リクセルに

依頼するのはノーリスクです!

④ LINEで無料相談できる

 

「リクセル」を使うメリット4つ目は

無料でLINE相談できることです!

 

LINE相談とは、内定辞退代行を

依頼する前のリクセルとのやりとりのこと。

 

このLINE相談を踏まえて

内定辞退代行を依頼するかどうか検討します。

 

この依頼前のリクセルとのやりとりが

無料無制限というわけです!

 

お金がかかるわけでもないので

気になることを全部聞けますね!

 

リクセルの担当者の方は

物腰が柔らかく、丁寧な印象がありますので、

何でも聞けると思います。

 

下の画像は実際に「僕」と担当者の

やりとりの画像ですね!

 

 

こんな丁寧な感じで

やりとりをしていくと思います!

 

内定辞退代行「リクセル」のデメリット

 

では次に内定辞退代行「リクセル」の

デメリットを紹介します!

① 内定辞退するのにお金がかかる

 

デメリット1つ目は、

内定辞退するのにお金がかかるということ。

 

お金がかかるのはリクセルに限らず

どの業者でもお金はかかります。

 

まぁ、お金がかかるのはある意味

しょうがないことですね。

 

リクセルさんもボランティアで

やっているワケではないので。

 

因みにリクセルの代行料金は19800円です。

 

これが高いか安いかは、あなた次第です。

 

競合他社と比べてみると普通ぐらいですね。

(料金については、後で詳しく説明します)

 

内定辞退できず、

一人で苦しんでいるのであれば

 

お金を多少払ってでも

内定辞退してみるのもアリです。

 

しかも内定辞退代行をお願いすれば、

基本的に企業とは直接やりとりすることないですし。

 

採用担当者との関係が良くないのあれば

なおさら良いですよね。

② 内定辞退代行を依頼するのがクセになる

 

これもリクセルさん限らずの話ですが、

一回内定辞退代行をお願いしたら、

 

後に内定辞退をする場面に出くわした時

また代行をお願いをしてしまうかもしれません。

 

そうなるとまたお金がかかってしまいます。

 

内定辞退代行「リクセル」の口コミ&評判

 

次に内定辞退代行「リクセル」

の口コミ&評判についてです。

 

調べてみましたが「リクセル」

の口コミ&評判は、特にありませんでした。

 

ですが今後は認知度が

増えていくと思いますので

 

口コミや評判はそのうち出てくると思います。

 

その時になったら、ここに追記していきますね!

 

内定辞退代行「リクセル」の料金

 

では次に内定辞退代行「リクセル」

の料金についてお話したいと思います!

リクセルの代行料金

 

リクセルの代行料金は、19800円です。

 

雇用形態が正社員だろうが、

契約社員であろうが料金は変わりません。

 

この料金に含まれるサービスは以下の通りです。

 

リクセルのサービス内容

・即日対応

 

・相談&連絡は無制限

 

・全額返金保証

 

・電話回数無制限

 

料金の支払い方法

 

リクセルの代行料金の

支払い方法は以下の通りです。

 

リクセルの支払い方法

・銀行振込

 

・クレジットカード

 

リクセルの料金について

 

リクセルの料金やサービス内容について詳しく知りたい人は、この記事オススメ

 

【関連記事】

 

内定辞退代行のニコイチの利用料金ってどれくらい?安いの?

 

内定辞退代行のニコイチの利用料金ってどれくらい?安いの?

 

リクセルと他社の内定辞退代行サービス比較

 

では次にリクセルと

他社の内定辞退代行サービスを

比較してみましょう!

 

 

相場で見てみたら大体1万円から3万円弱ぐらい。

 

リクセルの料金は19800円ですので

全体的に見たら、

高くもなく、安くもなくという印象ですね!

 

ただリクセルの良いところは

全額返金保証がついていること。

 

僕が知る限り、他社にはないサービスです。

 

他の他社より少し高いのは

安心料があるからかもしれません。

 

内定辞退を失敗したケースは

リクセル限らず他社でもないですが

 

万が一内定辞退をお願いするのに

不安を感じているのであれば

リクセルにお願いした方がいいですね!

 

 

内定辞退代行「リクセル」の利用の流れ

 

次に内定辞退代行「リクセル」

の利用の流れについてご説明します!

 

リクセルの利用の流れ

STEP.1 無料相談

 

LINEやメール、電話で相談する。何回相談しても無料

 

STEP.2 ヒアリング

 

相談者の現状をヒアリング

 

STEP.3 入金

 

代行を依頼することになったら、入金をする

 

STEP.4 入金確認

 

入金されたかリクセル確認

 

STEP.5 内定辞退代行

 

リクセルが依頼者に代わって辞退の意向を伝える

 

・会社と一切連絡とりたくない

 

などの要望も伝達。辞退が完了したら報告してくれる。

 

STEP.6 内定辞退完了

 

リクセルから内定辞退完了の連絡がきたら、終了

 

Youtubeチャンネルの「就活チャンネル」で

リクセルの内定辞退代行サービスが

紹介されていましたので、

 

こちらもチェックするといいです!

 

 

内定辞退代行「リクセル」のその他Q&A

 

次に内定辞退代行「リクセル」を

利用する上で疑問に思うところを

集めてみました。

 

恐らく読んでいるあなたも

 

「確かに、それは気になる」

 

と思うところもあると思いますので

是非読んでみてください。

Q1.そもそも内定辞退を代行するのは、法律的に問題はないのか?

 

そもそも内定辞退を代行してもらうのって

問題にならないのか。

 

不安になってしまう人が多いかもしれません

 

僕も法律的にどうなのか

気になっていたので、リクセル担当者に

聞いてみました!

 

内定辞退代行は法律的に問題にならないですか?

“ゆう”

 

“リクセル”

内定辞退を代行するのは法律的に問題ないです!

交渉などしていませんから。

 

そうなんですね!

 

ですがこの前に、「弁護士を通して内定辞退代行しないと

 

違法にあたる可能性がある」と弁護士が話していた記事を見ました。

 

その辺はどうなんでしょうか?

“ゆう”

 

“リクセル”

問題ないですね!

 

ここで問題になるのが非弁行為をしているかどうか。

 

非弁行為とは「弁護士ではない者が交渉し利益を得ること」です。

 

私たちは交渉しているのではなく、あくまでも利用者の意思

 

伝えているだけですので、問題ありません。

 

なるほど!

 

あくまでも「内定辞退したい」と代理で伝えているだけだから

 

違法に当たらないというワケですね!

“ゆう”

 

“リクセル”

その通りです。

 

弁護士が答えている記事の場合、代行サービスを認めるわけ

 

にはいかないので、この様に法律違反に

 

当たる可能性があると示唆してきます。

 

ふむふむ、なるほど。

“ゆう”

 

“リクセル”

代行サービスといっても弁護士資格がないといけないと

 

知っていながら交渉する業者もあります。

 

私共は、「弁護士ではないから交渉できない。」

 

と依頼者にお伝えし理解して頂いた上で利用して頂く形です。

 

ただ退職代行とは違い内定辞退代行は

 

交渉を必要とする場面がほぼないので問題ありません。

 

もし「損害賠償を請求する!」と私共に言われれば

 

「では、そのように依頼者様にお伝え致します。」

 

と対応します。

 

なるほど!

 

あらかじめに「交渉できない」と言ってくれるのはある意味安心ですね!

“ゆう”

 

“リクセル”

そうですね。

 

因みに今まで、企業から損害賠償を請求された実例はありません。

 

内定辞退で損害賠償請求や交渉はほとんどないと知って頂ければ、

 

違反行為に当たることはほぼないと理解して頂けると思います。

 

Q2.内定辞退する際は、どんな理由で伝えている?

 

内定辞退の理由について、リクセルの場合は

依頼者の声をそのまま伝えているとのこと。

 

体調不良など採用担当者にバレにくい

理由を言うのではなく、

 

依頼者の伝えたいことを

そのままお伝えするようにしているそうです。

 

勿論伝えたくないことは一切伝えていないです。

Q3.入社日間近でも内定辞退できる?

 

入社日間近でも内定辞退はできますか?

“ゆう”

 

“リクセル”

内定辞退は出来ますよ!

 

3日後に入社日を控えている方も利用しましたが、なんの問題もなく内定辞退できました。

 

入社日間近の人は、ほとんど入社日まで採用担当者との連絡を一切取っていない場合が多く、

 

こちらが内定辞退の連絡をしたら

 

「なんの連絡も来ないので内定辞退すると思ってました。分かりました。」

 

とすんなり終わるケースが多いです。

 

そうなんですね!

 

でしたら入社日間近の人でも安心して、内定辞退をお願いできそうですね!

“ゆう”

 

Q4.しつこく内定辞退を引き止めされた時、内定辞退できる?

 

会社に内定辞退を引き止めされた時って、内定辞退は出来ますか?

“ゆう”

 

“リクセル”

もちろん出来ますよ!

 

会社ではないですが、転職エージェントの方は内定辞退を避けたいので

 

かなりしつこく引き止めてきます。

 

自分のノルマのために、内定辞退を引き止めるのです。

 

内定辞退を引き止めされても

 

「転職エージェントは利用者ファーストでないといけないのではないですか?」

 

と伝えれば納得して内定辞退の手続きに進みます。

 

通常の企業も同じです。

 

「働く前からあなたの会社では働きたくないと言っているのに働かせるのですか?」

 

というニュアンスで交渉しないようにお伝えすれば、内定辞退できます。

 

そういうことですね!

 

内定辞退を引き止めされて、内定辞退できない人が意外といるので

 

内定者にとって有難いですね!

“ゆう”

 

Q5.企業から電話はかかってくることはあるのか?

 

内定辞退する際、企業から直接連絡がきたりしますか?

“ゆう”

 

“リクセル”

内定辞退する際に、電話をかけないようと伝えることは出来ますが

 

電話が掛かってくるかどうかは、別問題です。

 

もしかしたら電話が掛かってくるかもしれませんが、出なくて大丈夫です。

 

またご相談して、代行してお伝えいたします。

 

じゃあ基本的に直接企業と話すことがないですね!

 

依頼者にとっては、ストレスなく辞退できそう!

“ゆう”

 

リクセルなら安心して、内定辞退をお願いできる!

 

内定辞退代行「リクセル」について紹介してきました!

 

他社と比べて、リクセルの料金は

安くはないですが、全額返金保証がついています。

 

これまで内定辞退を代行して

失敗したことがありませんし、

 

数々の依頼者の要望に応え、

内定辞退することに成功してきました。

 

安心して利用できますので

是非検討してみてください!

 

もし利用するか悩んでいるのであれば

無料相談を試してみるといいですよ。

 

内定辞退代行を検討しているあなたへ

 

LINE無料相談が一番かんたんですよ!

 

LINEで無料相談する際には

友だち追加後、以下のメッセージを送りましょう!

 

「お世話になっております。

内定辞退代行を検討している者です。

よろしくお願い致します。」

 

メッセージを送ったら

後は担当者から返事がくるので

待ってみましょう!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です