スキル・実績なし!25歳の転職活動の始め方

内定辞退の引き止めがしつこい時は、内定辞退代行を利用するのはアリ?

 

どうも!元内定辞退で悩んでいた、ゆうです!

 

突然ですが、あなたは今

 

 

内定辞退しようと思ってるけど企業からしつこく引き止められて、

 

内定辞退代行を利用してみようかな

 

 

と思っていませんか?

 

内定辞退を引き止められるのって、辛いことですよね。

 

その会社に行きたくないと思って、内定辞退したいと思ってるのにね。。

 

この記事では内定辞退代行を使って、しつこく引き止める企業の内定を辞退する方法が

 

書かれた記事となっています。

引き止めがしつこい時でも、内定辞退代行を使えば辞退できる!

 

 

企業の人事担当者に

 

「何で内定辞退するの?」

 

「理由を聞きたいから話そうよ!」

 

「辞退しないでほしい」

 

など企業から引き止めされるのってしんどいですよね。

 

もし今、内定辞退告げるのが難しいと思ったなら、内定辞退代行を利用してみましょう!

 

内定辞退代行とは、本人に変わって企業に内定辞退の連絡をする業者のことです。

 

内定辞退代行を使えば、辞退は出来ます!

 

内定辞退出来ますし、もしかしたらあなた内定辞退代行を利用した方がいいかもしれません。

 

内定辞退代行をなぜ利用した方がいいかというと、以下の理由があるからです。

理由① 内定辞退代行なら、確実にその企業の内定を辞退できるから

 

内定辞退代行を利用した方がいい理由として、

 

内定辞退代行なら、確実に内定辞退できる

 

からです。

 

内定辞退代行業者は多くの就活生や転職者の内定辞退を成功してきました。

 

 

・担当者に何を言われるから分からないから、内定辞退できない

 

・内定辞退を告げたら、企業に「損害賠償請求するぞ!」と脅しかけれて困っている

 

 

などなど様々なケースに対し、内定辞退を遂行してきました。

 

様々な経験から身についたノウハウは申し分ないでしょう。

 

また、あなたが仮に自分で内定辞退しようとした時、

 

「何で辞退するの?」

 

「君を評価したから、是非ウチにきてほしい」

 

と担当者に言われて

 

 

「良く言ってもらえるから、ここにしようかな・・」

 

「まぁ、この会社でいいか・・」

 

 

と流されてしまう可能性があります。

 

結局入社してしまい、ふと

 

 

「この会社に何で入ったんだろう」

 

 

と後悔してしまったら、取り返しがつかないです。

 

後から後悔しないためにも、内定辞退代行を利用するのも手でしょう!

理由② しつこい引き止めにも内定辞退代行は対応できるから

 

2つ目の理由として、

 

企業のしつこい引き止めにも、内定辞退代行なら辞退できるから

 

です。

 

内定辞退代行のリクセルによると、企業からしつこい引き止めをされても、内定辞退に成功した実績があります。

 

内定辞退代行を利用した声

 

【大阪府 22歳男性 IT企業 内定】

 

早期に就職先を決めてしまい、内定承諾書を記入してしまいました。

その後新しくやりたいことが見つかったので内定辞退を申し込んだところ会って話がしたいと言われ、

 

内定辞退代行サービスを利用することにしました。

 

その後その企業とは一切連絡を取ることなく内定辞退することができたので良かったです。

 

始めは利用するのに気が引けましたが、強い引き留めにあい消耗するよりいいかなと思います。

 

引用:内定辞退した人の声

 

以上のことから内定辞退代行を利用しても問題ないでしょう。

企業がなぜ内定辞退をしつこく引き止めようとするのか?

 

企業がそもそも内定辞退をしつこく引き止めようとするのか、以下の理由があるからです。

理由① 内定辞退されたら、またイチから求人募集をしないといけないから

 

誰か内定辞退したら採用枠が空いてしまうので、またイチから求人募集しないといけません。

 

お金と時間を費やし、採用枠を埋めたのですから、誰か抜けられたら困るのです。

 

採用担当者も仕事ですからね。

 

上の人たちからノルマみたいのはあると思いますし。

 

内定辞退者を出したくないのが本音です。

理由② 人材不足で人が集まりにくいから、辞退をさけたい

 

もう1つの理由は人材不足で人が集まりにくいから、内定辞退をされたくないのです。

 

この理由はどちらかというと、ベンチャー企業や中小企業に当てはまるでしょう。

 

今は売り手市場なので、大手企業に人が集まりがち。

 

そうなると中小企業やベンチャー企業には人は集まらない傾向が生まれてしまいます。

 

だから1人の採用者を獲得するのに必死になってしまうんです。

 

採用担当者は。

参考 採用の限界…「史上最高の人手不足」に見る中小企業の未来(トイアンナ) | 現代ビジネス | 講談社(1/3)現代ビジネス

内定辞退することは悪いことではない

 

「ウチにきてほしい」

 

と言われながらも、内定辞退するのは罪悪感を感じてしまう方もいらっしゃるかもしれません。

 

ですが罪悪感を感じる必要もないし、あなたは間違ったことを1つもしていないです!

 

内定辞退をすることは憲法で認められています。

 

職業選択の自由

 

「何人も、公共の福祉に反しない限り、居住、移転及び職業選択の自由を有する」

 

日本国憲法第22条

 

 

上が憲法の条文です。

 

簡単に条文を伝えると

 

誰もがどの企業を選べるし、どの企業にも就職できるよ!

 

という意味です。

 

つまり憲法で認められている以上嫌だなと思ったら、内定辞退してもいいのです!

 

内定辞退して自分が好む企業に就職してもらって、問題ないのです。

 

ですから内定辞退することは悪いことではありません。

“自分の人生”を生きるためも、内定辞退代行を検討してみよう

 

“自分の人生”を生きるためにも、私は内定辞退代行を利用してもいいんじゃないかと思います。

 

内定辞退をしつこく引き止められ、妥協してその会社に入って後悔してしまったら勿体ないことだと思いますし。

 

僕は内定辞退をしつこく引き止められたことはないですけど、妥協して新卒の会社に入社した経験があります。

 

入社した会社に対して納得していかったんですが、

 

「就活を早くを終わらせたい」

 

と思って入社してしまい、結果この会社を退社してしまうことになりました。

 

あの時もっと就活して、納得できるような形で終わらせたかったなと思います。

 

ですから“自分の人生”を生きるため、納得できる形で就活を終わらせてほしいと思います。

 

納得できる形で就活を終わらすのに、内定辞退代行が必要であれば利用してみるのもありですよ!

 

【新発見】内定辞退代行って何?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です