スキル・実績なし!25歳の転職活動の始め方

新卒で内定辞退はいつまで?会社の選び方も教えます!

内定辞退する時、いつまでに話さないといけないのか?」

 

内定辞退することって悪いこと?」

 

新卒だけど内定辞退ってどのように伝えればいいの?」

 

と悩んでいるあなたに向けて記事となっています。

 

この記事を読めば、

 

「なるほど!内定辞退ってこういうことなのか!」

 

「企業に迷惑がかからないするには、この日までに内定辞退すればいいのか!」

 

と理解することが出来ます。

 

小学生が読んでも、理解できるように作ってみました!

 

是非読んでみてください!

新卒で内定を貰ったけど、いつまでに辞退の連絡をすべきか?

内定辞退はいつまでにすべきか?

 

内定を辞退する連絡はいつまでにするべきか、新卒の就活生は気になりますよね。

 

基本的に

 

「内定を辞退しよう!」

 

と決断したら、出来るだけ早く会社に連絡しましょう。

 

なぜ早めに連絡しないといけないかは、以下の理由があるからです。

 

内定を辞退する連絡が早い方が良い理由①早くあなたの代わりを再募集しないといけないから

 

②あなたの入社準備する手間がなくせるから

 

では詳しく2つの理由について説明しますね。

 

まず『早くあなたの代わりを再募集しないといけないから』という点です。

 

あなたが内定を辞退したら、採用枠が空きますのでまた再募集しないといけません。

 

内定辞退の連絡が早ければ早いほど、余裕を持って採用活動ができるでしょう。

 

まだ就活中の学生が残っていますので。

 

反対に内定辞退の連絡が遅くなってしまうと、就活のピークが過ぎた頃に再募集することになります。

 

そうなると少ない学生から選ぶことになり、困難な採用活動が予想されます。

 

遅ければ遅いほど企業が困るので、なるべく内定辞退の連絡は早い方がいいのです。

 

2つ目の「あなたの入社準備をする手間をなくせるから」という点ですが、

 

あなたが入社するにあたって、会社はあなたが働けるように準備をしないといけません。

 

・内定式

・書類作成・発送

・寮の手配

・作業服の手配

・研修の手配

 

などの準備をします。

 

あなたが内定辞退の連絡が早ければ、これらの仕事をやらずに済みますから内定を辞退する連絡は早い方がいいです。

法律的には、内定辞退はいつまでがセーフなのか?

 

内定辞退は早い方がいいというのは理解できたと思いますので、

 

今度は法律的に内定を辞退するのはいつまでにすべきか説明をします。

 

法律的な観点で内定辞退を知っておくべき理由として

 

・自分の身を守るため

・企業に訴えられず済む

 

からです。

 

ですから法律的な観点も理解しておくことが大事なんです。

 

それで結論を言うと、法律的には「入社日の2週間前以前」に内定を辞退すれば問題はないです。

 

入社日の2週間前以前」に辞退すれば問題ないというのは、民法で定められています。

 

民法627条

「当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。

 

この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。」

 

民法第627条

 

法律的に見れば入社日2週間前より前に辞退すればいいので、余裕を持って内定を辞退することができそうですね。

 

ただあくまでもこれは、法律上の話です。

 

先ほども説明しました通り、内定辞退の連絡が早ければ早いほど企業に負担はかからないですから、

 

「内定を辞退しよう!」

 

と思ったら出来るだけ早く新卒の人は連絡をしましょう。

 

法律うんぬんではなくて、マナーの問題です。

【補足】内定を辞退するなら、知っておこう!『内定』と『内々定』

 

内定を辞退する連絡はいつまですべきか理解したと思いますので、

 

今度は内定辞退をする前に知っておくべきことについて説明します。

 

突然ですが、あなたは

 

内定』と『内々定

 

の違いが分かりますか?

 

両者の違いを知らない人は少なからずいるかと思います。

 

内定辞退をする上で知っておくべきことですので、違いを説明しますね。

『内定』とは

 

ではまず『内定』とはどういうことか説明します。

 

内定とは?

 

内定とは、学生が企業から「採用通知」という書面を受け取り、

 

学生が企業に「入社承諾書」を提出することによって

 

相互に意思確認をし、労働契約が成立した状態のことをいいます。

 

分かりづらいかと思いますので、かみくだいて説明しますね。

 

『内定』とは以下のステップを踏んで、初めて正式に『内定』を貰ったという状態なんです。

 

【内定をもらうまでのステップ】

 

①最終面接を合格し、内定を通知

 

②企業から学生に内定承諾書を送付

 

③学生が内定承諾書に署名して企業へ提出

 

④企業が内定承諾書を受け取り、正式な内定通知書が学生に届く

 

それで上記のステップを見て注目してほしい所があります。

 

それは『内定承諾書』です。

 

内定承諾書とは?

 

入社することを決めたよ!辞退はしないよ!」という仮約束みたいなもの

 

内定承諾書を通じて、企業と学生は労働契約を結びます。

 

労働契約とは?

 

労働者が使用者(企業)に使用されて労働し、使用者がその労働に対して賃金を支払う契約をいう。

 

簡単にいうと労働契約は、「あなたを雇います。働いた分のお金を払いますよ』という意味ですね。

 

『内定』とは労働契約というオフィシャルなものを結んだというのを頭の隅にいれてください。

『内々定」とは

 

一方、『内々定」とはどんな意味なのか整理しましょう。

 

内々定とは、「10月に内定を出す」という企業から口約束のようなイメージです。

 

書面を交わすケースは少なく、口頭であるいはメールなどで伝えられることが多いです。

『内定』と『内々定』の違いは?

 

『内定』と『内々定』の大きな違いは、労働契約が成立している点です。

 

労働契約とは?

 

労働者が使用者(企業)に使用されて労働し、使用者がその労働に対して賃金を支払う契約をいう。

 

簡単にいうと、「あなたを雇います。働いた分のお金を払いますよ』という意味です。

 

労働契約が成立していないと法的拘束力がないので、

 

原則的に「内々定」であれば、企業も学生も内定を自由に取り消すことが出来ます。

 

(「内々定だから」といって企業が取り消すことはありません。)

 

だから今、内々定を貰っている人は気にせず辞退をしても問題ありません。

 

一方内定を承諾して労働契約が成立した場合、法的拘束力が生じています。

 

ですが民法622条で

 

2週間前に内定辞退を申しでれば、解約出来る

 

と定められているので

 

実質学生への法的拘束力はありませんので、内定を辞退しても大丈夫なんです。

 

ですので内定承諾書を書いて労働契約が成立しても、内定を辞退することが出来ます。

 

ただ先ほども言いましたが、

 

「内定を辞退しよう!」

 

と決断したら、なるべく早く内定辞退をしましょうね!

【新卒あるある】内定辞退する時に思う疑問点

内定辞退する時に思う疑問点

 

ではここで、新卒が内定辞退する時に思う疑問点をご紹介したいと思います。

 

もしかしたらあなたも直面する可能性がありますので、チェックしておきましょう!

内定辞退をしたら、損害賠償や訴えられるのか?

 

ネットを見ていると

 

「内定を辞退したら、企業から損害賠償されたり、訴えられる」

 

という記載を見かけます。

 

これは本当なのか気になりますよね。

 

本当に損害賠償とかされたら怖いと思います。

 

嫌ですよね。

 

でもそこまで気にしなくても大丈夫です。

 

内定辞退して損害賠償や訴えられることはないに等しいです。

 

理由として、

 

・1人の人間に時間やお金をかけたくない

 

・訴えるほど時間を持て余していない

 

からです。

 

1人の人間にそこまで労力をかけるのは現実的ではありません。

 

それに内定日2週間前に辞退すれば、就活生に非はありませんからね!

 

損害賠償があるとしたら、入社間近で内定辞退するパターンです。

 

入社する前提で必要な設備や服装に要した費用を請求されることが考えられますが、ほとんどないでしょう。

 

誠心誠意謝罪をすれば、損害賠償はされないです。

内定を辞退したいけど、会社にしつこく引き止められたら?

 

内定辞退をしようと、企業にその意向を伝えた時

 

なんで辞退するの!?

直接あって理由を教えてよ!

 

と引き止めようとする企業が中には存在します。

 

万が一自分がしつこく引き止められたら、うんざりしますよね。

 

しつこく引き止められるとついつい、

 

「まぁ、いいか」

「この企業に就職しようかな」

 

と流れてしまいがちです。

 

ですが自分が決意した意思は曲げてはいけません。

 

「なんとなくこの会社でいいっか・・」

 

で決めると入社後に後悔してしまう可能性があるからです。

 

自分の意思に従って会社を決めることが成功に繋がります。

 

内定辞退を企業にしつこく引き止められている方に向け、

 

詳しく下の記事では説明していますので見てみてください。

 

内定辞退したいけど、企業にしつこい引き止めされた時の対処法

 

 

以上の2つが新卒が内定辞退の時に思う疑問点です。

 

もしあなたも直面したら、ご説明した行動をとってみてください。

新卒で複数内定をもらった時、どの企業を選べばいいのか?

入社する会社を決める

 

この記事を読んでいる方は恐らく内定を1つ、もしくは複数持たれているかと思います。

 

複数内定を貰って1番悩まれるのが、

 

どの会社を選ぶべきか?

 

ということです。

 

この章ではどういう基準を持って会社を選ぶべきか解説したいと思います。

入社する会社を決める前に理解しておくこと

 

入社する会社を決断する前に、理解してほしいことがあります。

 

これは超重要なので、理解しときましょう!!

 

入社する会社を決める前に理解しておくべきこと

 

①あなたの理想が100%満たす企業は存在しない

 

②どちらの企業に入るにせよ、良い選択になるのかは入社後の努力次第

 

③自分が納得できる選択をすること

 

以上の3つについて詳しく説明しますね!

 

①あなたの理想が100%満たす企業は存在しない

 

あなたの理想が100%叶う会社は存在しないと理解しましょう。

 

どんなに素敵な会社でも、良いことばかりではありません。

 

若い時から年収1000万稼いでいても、労働量が普通の人の倍あるのもざらです。

 

外側からしか見てないから、良く見えてしまうんですよね。

 

そういうことなんです。

 

じゃああなたが例えば

 

・年収1000万円

・毎日定時に帰る

 

という理想を持ったとして、こんな企業って存在すると思いますか?

 

僕の経験上、こんなホワイト企業は見たことありません!

 

こんな良い所、僕も就職したいぐらいです笑

 

あなたの理想を満たす部分があれば、満たせない部分も当然あります。

 

だから自分の理想が100%満たす企業は、この世に存在しないと理解することです。

②どちらの企業に入るにせよ、良い選択になるのかは入社後の努力次第

 

人は企業に入って、充実した仕事をして、それに見合った収入を得て幸せに生きたいと誰もが思っています。

 

それが出来るのか出来ないかは、入社後のあなたの頑張り次第です。

 

どちらの会社か迷っていても、若干の差しかありません。

 

もし差があったとしたら、悩まずに決断出来ているはずです。

③自分が納得できる選択をすること

 

今あなたが出来ることは

 

考えに考え抜いて、納得した選択する

 

ことだけです。

 

考え抜いたけど、を後悔するようになっても

 

「あの時真剣に考えて決断したからな」

 

と納得することが出来ます。

入社する会社を決める時は3段階評価をして絞る

 

就職したい会社が決められない場合にオススメなのが、

 

3段階で評価する方法

 

です。

 

どのように評価するのか紹介しますね。

 

3段階で評価する方法

 

【①まず自分のこだわりポイントをあげてみる】

 

自分が譲れないこだわりポイントを紙に書き出してみてください。

 

例えば、「人間関係」や「給料」、「将来性」、「勤務地」、「福利厚生」、「プライベートは大切にできるか」

 

などなど

 

【②内定をもらった企業がこだわりポイントを3段階で評価】

 

こだわりポイントを羅列したら、どのくらい満たしているかを

 

「◯=2点」、「×=0点」、「△=1点」というように評価するといいです。

 

【A社】

・人間関係:◯

・給料:△

・勤務地:△

・業務内容:△

A社=計5ポイント

 

【B社】

・人間関係:◯

・給料:△

・勤務地:△

・業務内容:×

B社=計4ポイント

 

このように自分のこだわりポイントを考慮して評価してあげることで、最終的に判断することが出来ます。

 

数字にあまり差がつかなかった場合は、こだわり項目を増やし同じ作業をしてみるといいです。

【新卒で分からないあなたへ】内定辞退の伝え方

 

自分の行きたい会社が定まり、残りの会社を内定辞退しなきゃならない時

 

どのように内定辞退すればいいか悩みますよね。

 

緊張とか不安があると思いますし。

 

そこで担当者にどのように内定辞退すればいいか、次にレクチャーしたいと思います。

電話で内定辞退を伝える

 

1番は電話で内定辞退するといいです。

 

電話で内定辞退すれば相手にその思いが伝わりやすいからです。

 

電話で内定辞退する際は、以下のポイントを抑えて電話しましょう。

 

電話で内定辞退を伝えるポイント①名前

②内定を辞退する意思

③辞退する理由(詳しく聞かれた時の為)

④選考へのお礼や辞退のお詫び

 

以上のポイントを意識しましょう。

 

では電話の会話例をチェックしましょう。

 

実際の会話例

いつもお世話になっております。

内定太郎です。

 

採用担当の〇〇様はいらっしゃいますか?

 


 

受付の人:少々お待ちください。

 


 

お忙しいところ恐れ入ります。先日、内定をいただきました内定太郎です。いま、少々お時間よろしいでしょうか?

 


 

採用担当者:大丈夫ですよ。

 


 

先日は内定をいただきありがとうございました。

 

大変光栄なことなのですが、一身上の都合により内定を辞退させていただきたくご連絡いたしました。

 

お忙しい中、選考にお時間を割いていただいたにもかかわらず、

 

このようなご連絡となってしまい、大変申し訳ございません。

 


 

採用担当者:そうですか。因みに辞退する理由を教えてもらってもいいですか?

 


 

実は、他社から内定をいただきまして、

業務内容などから適正を考えた結果、そちらに入社することを決めました。

 


 

採用担当者:因みにどちらの会社ですか?

 


 

印刷業界です。

 


 

採用担当者:そうなんですね、かしこまりました。


 

このような結果になりましたこと、改めてお詫び致します。

 

それで失礼致します。

 

 

以上な感じで誠意を持って電話しましょう。

内定辞退代行を利用する

内定辞退代行とは

 

「会社に電話するのが怖い・・」

 

「問い詰められたらどうしよう・・」

 

「内定辞退するのに勇気が出ない・・」

 

と思う人は内定辞退代行を利用するといいです。

 

内定辞退代行とは、本人に変わって内定辞退の意向を伝える業者です。

 

聞いたことがないかと思いますけど、今就活生や転職者に人気が出ている業者なんです。

 

・内定辞退するのが気まづい

・内定辞退を告げるのが怖い

 

と思っている人が利用されています。

 

内定辞退する成功率も100%なので、内定辞退代行を利用しても問題ないです。

 

内定辞退代行にちょっとだけ興味を持った人、下の記事をチェックしてみてください。

 

【新発見】内定辞退代行って何?

 

まとめ

 

今回は『新卒でいつまでに内定を辞退すべきか?』という内容で記事を書きました。

 

再三話しますが、内定辞退は

 

辞退しよう!

 

と思ったら、出来るだけ早く意向を伝えることが大切です。

 

早く告げることで、相手の負荷を減らすことが出来ますからね!

 

内定辞退は学生の権利ですので、辞退してもらって構わないですが

 

後回しにして意向を伝えるのが遅かったというパターンはやめましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です