就活で悩むあなたはコチラ!

内定を辞退して会社に怒られるのが怖いあなたへ

 

どうも、ゆうです!

 

突然ですが、あなたは

 

内定辞退して、会社怒られるのが嫌」

 

怒られることなく、内定辞退したい」

 

「早く内定辞退したい!」

 

と思っていませんか??

 

この記事を読めば、会社に怒られることなく内定を辞退することできます!

 

今抱えている不安な気持ちから解放されます。

 

でもこの記事を読まずにいたら、あなたは結局怖くて内定辞退をずっと切り出せず、

 

不安な思いを抱えたまま毎日を過ごすことに・・・。

 

やっとの思いで内定辞退を告げても、タイミングが最悪で

 

なんでこのタイミング辞退なの・・・?

 遅すぎますよ!

 

と会社から一喝されてしまう最悪な展開に・・・

 

そうならないためにも、この記事では会社に怒られず、内定辞退する方法をレクチャーしたいと思います。

 

バイトや会社の休憩時間に見れるぐらいの内容となっていますので、ぜひ気軽に読んでみてください!

内定を辞退したら、会社に怒られるんじゃないかと思うと不安だよね・・・

内定辞退することに不安を抱える人

 

内定を辞退しようと会社に伝えるのって、不安な気持ちになりますよね?

 

そうだね、緊張する。。

“あなた”

 

そうだよね。

 

僕も昔、あなたと同じように悩んでいたから気持ちは分かります。

 

僕も就職活動していた頃、内定を辞退しようと電話をかける時

 

「ウチを何で辞退したいの!」

 

「面接の時に『第一志望です!』ってはっきり答えたじゃないか」

 

「今頃内定辞退するなんてはどうなんだ!」

 

と怒られるじゃないかとヒヤヒヤしていました(とんだチキン野郎ですね笑)

 

でもまぁ、恐らくあなたもこんな風に思っているんじゃないかと思っています。

 

そう。怒られると思って電話できない…

“あなた”

 

そうだよね、うんうん。

 

不安だよね。

 

でも何とかしてあの会社の内定を辞退したいよね。

 

そう!
だからこそ今回の記事は

 

会社に怒られると思って不安なあなたを救いたい!

 

と思って記事をつくってます。

 

中学生でも理解できるくらい、簡単に説明しているので是非読んで内定を辞退しちゃおう!

内定を辞退して会社に怒られるのか?

内定辞退して怒られる人

 

ではまずあなたが1番気になるであろう、

 

内定を辞退して会社に怒られるのか?

 

についてお話ししたいと思います。

 

結論を言っちゃうと、

 

内定を辞退して会社に怒られることはまずないです

 

だからあなたはそこまで神経質になる必要もないんです。

 

内定を辞退して会社はなぜ怒らないのか 。

 

それは内定を辞退されることに慣れているからです。

 

辞退されることに慣れているから、会社に怒られることがないんです。

 

新卒採用だったら1年に1回、中途採用でしたら定期的に行なっています。

 

このサイクルを毎年繰り返しています。

 

そうなるとあなた以外にも内定を辞退する人は沢山います。

 

内定を辞退されるのは、会社からすると日常茶飯事なのです。

 

また採用活動はお互いのタイミングもありますので、会社としては

 

「今回はご縁がなかったんだな」

 

と思うしかありません。

 

内定を辞退されることはある意味仕方がないことなのです。

 

それに辞退するからといって、怒ることは会社にとって特ではありません。

 

怒ったことで会社のブランドイメージの低下にも繋がります。

 

会社にとって縁がなかった就活生・転職者はお客様になりますし、

 

もしかしたら取引相手になる可能性もあります。

 

取引相手になる可能性があるからこそ、恨みを持たれないように穏便に終わらせたいと思っているものです。

【例外あり】内定を辞退して、会社に怒られることもケースもある

 

先ほど説明で内定を辞退して、会社に怒られることはほぼないとお伝えしました。

 

「怒られることはほぼない」ということは、怒られるケースも中にはあります!

 

例えば、入社日がすぐなのに、内定辞退したら怒られる可能性はあります。

 

会社からすると、入社する前提で進めていた準備が無駄になってしまいますからね。

 

会社は入社するまでに

 

・入社式

・書類

・研修

・寮の手配

・作業服

 

などなど準備を進めてきました。

 

準備をしてきたにも関わらず、いきなり入社日3日前とかに

 

「内定を辞退したいです」

 

と言われたら、会社としては

 

「なんでもっと早く言わないんだ!」

 

と怒るのは無理もありません。

 

入社日間近で内定を辞退するのは、怒られるって思った方がいいです。

 

また入社日間際に辞退すると、最悪損害賠償されるケースも中にはあります。

 

ただ企業も辞退者と相手している時間があるほど、暇ではないので、損害賠償する可能性はないに等しいです。

 

悪目立ちもしたくないので。

内定を辞退して会社に呼び出されることは?

 

ネットに『内定辞退をすると会社に呼び出しされる』っていう記述を見かけます。

 

「内定辞退する理由を聞きたいから、一度話をしよう」

 

っていう感じに。

 

呼び出しされるって怖いですよね。

 

本当に会社から呼び出しされるものなのか。

 

結論から言うと、内定を辞退したからといって会社に呼び出されることは、ないと考えてもらって大丈夫です。

 

まず会社は呼び出しするほど暇ではないです。

 

採用活動は仕事のほんの一部でしかありません。

 

呼び出しするくらいなら、他の仕事を取りかかるのが普通です。

 

万が一呼び出されたら、都合が悪いと返事をしてあげましょう。

内定を辞退するのは悪いことではない!会社に怒られるのを恐れすぎない!

 

内定辞退することは法律的にいうと悪いことではないです。

 

日本国憲法第22条には「職業選択の自由」について記載があります。

 

この法律により、常識の範囲ないならどの仕事を選んでもいいですし、

 

自分の意思で仕事を変えたりすることができます。

 

つまり内定辞退は法律的に認められている権利です。

 

因みに、

 

「内定承諾書を出したあとに、内定辞退はできるのか?」

 

という質問はよくありますが、

 

大丈夫です。

 

内定辞退はできます。

 

内定承諾書に法的効力はないので、書いたあとでも辞退することは可能です。

【会社に怒られるのが怖い!】内定辞退を告げる勇気を出すには?

 

会社に怒られることはほぼないと言われても、

 

会社に内定を辞退する意向を伝えるのって勇気が入りますよね。。

 

就活生だと社会人の方と接するのもあまりない経験だと思いますし。

 

勇気が出ない時はどうすればいいか。

 

下記のように考えると上手くいきますよ!

①内定を辞退することは特別なことではない

 

内定を辞退することは、中々ない経験かもしれません。

 

「うわ〜、電話で伝えるの緊張する・・・」

「無事内定辞退できるかな・・・」

 

とか思ってしまうかと思います。

 

そう思ってしまうのも無理もないですけど。

 

ですが、会社は内定を辞退されることはよくあることです。

 

会社にとって、内定を辞退すること自体特別なことではありません。

 

内定を辞退されるのを見込んで、会社は採用活動をしています。

 

だからあなたは過度に考える必要はありません。

 

肩の力を抜いて内定辞退の意向を伝えましょう!

②内定辞退したら、この先関わることはない

 

内定を辞退すれば、この先その会社と関わることはありません。

 

万が一会社に怒られることがあったとしても、今後のあなたの人生に影響しないです。

 

内定辞退の電話して半年ぐらい経てば、採用担当はあなたの名前や顔を忘れています。

 

時間が経てばあなただって、内定を辞退したことなんて頭の中から抜けていますよ!

 

僕なんか就活をしていた頃、内定辞退した覚えがあるけど、

 

その会社の名前を忘れてしまいました笑

 

でも、そんなもんなんです。

 

内定辞退なんて長い人生で見たら、大した出来事ではないです。

【会社に怒られるのを回避するために】内定を辞退する時のポイント

 

ではここから実践的な話をしようと思います。

 

会社に怒られるリスクを減らすのはもちろん、

 

なるべくあなたに負担がかからない内定辞退のポイントです。

 

ポイント①出来るだけ早く伝えること

 

内定辞退は、出来るだけ早く伝えることが大切です。

 

内定を出した後、会社はあなたの入社に向けて準備を始めます。

 

あなたが辞退することで、改めて他の人を採用しないといけません。

 

伝えるのが遅くなれば遅くなるほど、相手に迷惑がかかりますし印象も悪くなります。

 

遅くなるとより怒られるリスクが高まります。

 

内定辞退を決めた段階で、早く会社に伝えましょう!

ポイント②メールで伝えるのはやめよう!

 

内定を辞退する時、メールで伝えない方がいいです。

 

メールで伝えるのをやめたほうがいい理由は以下の通りです。

 

メールで内定辞退しないほうがいい理由

①メールだと見逃す可能性がある

 

②メールでは内定辞退の理由が伝わりにくい

 

 

メールは採用担当者が見逃してしまうことが十分あり得ます。

 

採用担当の方は、あなたとだけメールしている訳ではなく他の就活生や転職者と、そして会社の人とやりとりをしていて、

 

メールボックスには大量のメールがきていると予想できます。

 

そうなるとあなたのメールを見逃してしまう可能性があります。

 

ですので、メールで伝えることはオススメしません。

 

またメールだと、内定を辞退する理由が伝わりにくいです。

 

そうなると採用担当の人は、内定辞退の理由を電話で聞きだす可能性があります。

 

その時に怒られる可能性もあります。

 

それはそれで面倒くさいことなので、メールで伝えるのはオススメしません。

 

一回でケリをつけるがいいでしょう!

会社に怒られないための内定辞退の伝え方

 

会社に怒られない為に、正しい内定辞退の伝え方をご説明します。

 

今から説明する伝え方で内定辞退をしましょう。

電話で内定辞退を伝える

 

もう最初から電話で相手に思いを伝えるのが有効です。

 

その方が相手に思いが伝わりやすいからです。

 

怒られるのをなるべく避ける為に、以下のポイントに沿って電話しましょう。

 

電話で内定辞退を伝えるポイント①名前

 

②内定を辞退する意思

 

③辞退する理由(詳しく聞かれた時の為)

 

④選考へのお礼や辞退のお詫び

 

以上の4つを意識しましょう。

 

電話する前にシミレーションをすることが大事です。

 

では実際の会話例をチェックしましょう。

 

実際の会話例

 

いつもお世話になっております。

内定太郎です。

 

採用担当の〇〇様はいらっしゃいますか?

 


 

受付:少々お待ちください。

 


 

お忙しいところ恐れ入ります。先日、内定をいただきました内定太郎です。いま、少々お時間よろしいでしょうか?

 


 

採用担当者:大丈夫ですよ。

 


 

先日は内定をいただきありがとうございました。

 

大変光栄なことなのですが、一身上の都合により内定を辞退させていただきたくご連絡いたしました。

 

お忙しい中、選考にお時間を割いていただいたにもかかわらず、

 

このようなご連絡となってしまい、大変申し訳ございません。

 


 

採用担当者:そうですか。因みに辞退する理由を教えてもらってもいいですか?

 


 

実は、他社から内定をいただきまして、

業務内容などから適正を考えた結果、そちらに入社することを決めました。

 


 

採用担当者:因みにどちらの会社ですか?

 


 

IT業界です。

 


 

採用担当者:そうなんですね、かしこまりました。

 


 

このような結果になりましたこと、あらためてお詫びいたします。
それでは失礼いたします。

 

 

以上のように誠意を持って電話しましょう。

内定辞退代行を利用する

内定辞退代行とは

 

電話で内定辞退する勇気がない人は、内定辞退代行を依頼するといいです。

 

内定辞退代行とは、企業に内定辞退の意向を本人に変わって伝える業者です。

 

あまり聞き馴れない業者かもしれませんが、利用者続出中サービスです。

 

・内定辞退を告げるのが怖い

・内定辞退を会社にしつこい引き止めをされている

 

といった悩みを持つ方が利用されています。

 

実際に内定辞退の成功率は100%なので、サービスを利用して問題はないです。

 

下記の記事で「内定辞退代行」を詳しく説明していますので、興味を持った人はチェック!

 

【新発見】内定辞退代行って何?

 

まとめ

 

今回は会社に内定辞退を告げるのが怖いあなたに向けて記事を書きました。

 

内定辞退をして会社に怒られることはまずないです。

 

会社もそれを見越して採用活動をしていますからね。

 

誠意を持って会社と接すれば、その思いは伝わります。

 

この記事に書いてあったことを意識して、内定辞退をしましょう!

 

ただどうしても自分で内定辞退を告げる状況でない人は、内定辞退代行を使うのも手ですよ!

 

【新発見】内定辞退代行って何?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です