スキル・実績なし!25歳の転職活動の始め方

【これ読めばOK】仕事で落ち込むのを回避し、周りの評価を高めるコツ

 

こんにちは、ゆうです!

 

突然ですがあなたは仕事で失敗して落ち込むことはありませんか?

 

この記事では

 

仕事で失敗して落ち込むことばかりでしんどい・・・」

落ち込むことを回避したい・・・」

仕事の失敗をなくし、周りからの評価を高めたい!」

 

と思い悩んでいるあなたに向けた記事となっています。

 

この記事を読めば仕事で失敗して落ち込むことなく進められ、上司や同僚からの見る目が変わるきっかけとなるでしょう。

 

50秒でササっと読める内容となっているので、是非読んでみてください。

 

まず仕事で失敗して落ち込むのは意味ない

 

まず仕事で失敗して落ち込むのは意味がありません。

 

仕事で失敗して気分が落ち込む気持ちはよく分かります。

 

でも落ち込むことはあなたの今後を考えてもよくありません。

 

その理由は下の通りです!

 

落ち込むのは意味がない理由①:新たなミスを生んでしまうから

 

仕事の失敗を落ち込むのが意味ない理由として、“新たなミスを生んでしまう可能性が高い”からです。

 

失敗したことにずっと、

 

「ダメだった。上司にも怒られたしきつい」

 

と思ってばかりいると、

 

目の前の仕事に集中できないようになってしまいます。

 

そうなるとまたその仕事で失敗をおかしてしまい、また落ち込んでしまう。

 

このループが続いてしまうと精神的に立ち直るがきついです。

 

仕事で失敗するのはある意味仕方ないことでそこで過度に落ち込むことではなく、

 

大事なのは反省することです。

 

次同じようなシュチュエーションの時に同じ失敗をおかさないように対策を考えること先です。

落ち込むのは意味がない理由②:病気になってしまうから

 

仕事で落ち込むのは意味がない2つ目の理由として

 

病気になってしまうからです。

 

仕事のミスでずっと落ち込んでいたら、どこか身体や精神に負担が生じてしまって病気になってしまいます。

 

仕事のミスで落ち込む人間がいたら誰もが「真面目な人」と思うかもしれませんが、病気になってしまったら本末転倒です。

 

個人的に仕事で失敗して落ち込むくらいだったら、飲みに行った方が気持ちいいと思います。

 

真面目に仕事と向き合う姿勢はいいですが、病気になってしまう程入ってしまうのは違うのかなと。

 

それだったら飲みに行って、

 

今日の失敗なんか忘れて、飲みまくるぞ〜!

 

とハッチャける方が精神が安定します。

仕事の失敗で落ち込んでしまった時の気持ちの切り替え方

 

「仕事で失敗して落ち込むな」と言われても、全く落ち込まないというのは難しいかと思います。

 

そこで落ち込む前に気持ちをどのように切替えればよいのかお話したいと思います!

気分転換①:人と話す

人と話す

家族や友人や同僚など、信頼が置ける人と話すことで気分転換になることがあります。

 

真面目な人ほど心に閉じ込めてしまいがちです。

 

愚痴をこぼしていけないと考えてしまうかもしれませんが、少しぐらい愚痴をこぼしても大丈夫です。

 

じっくり自分の話を聞いてもらいましょう。

気分転換②:体を動かす

 

ウォーキングなどの軽めな運動もするのも良いリフレッシュ方法となります。

 

逆に激しい運動だとかえって追い込んでしまいがち。

 

心地がいいなと思えるのがポイントです。

 

心と体は繋がっているので、体がリフレッシュすると心も落ち着きます。

 

気分転換③:プライベートを充実させる

 

真面目な人ほど休日まで仕事のことを考えがちです。

 

自分にストイックで、自分の「好き」を大切にできていない傾向があります。

 

休みの日はぜひ自分の「好き」なことを実践しましょう!

 

「好き」なことをしていると自然と心が喜びますし、自信も湧いてくるはずです。

仕事で失敗して落ち込むのを避けるためのメンタル作り

 

仕事で落ち込まない為には、普段のメンタルの保ち方が大事です。

 

心構えが出来ているといざ仕事で失敗した時に、ダメージが軽くなるからです。

 

ではどのような心構えにしておくべきか、1つずつご紹介したいと思います!

落ち込むの回避するメンタル作り①:完璧を追い求めない

 

落ち込むことが多い人は性格が生真面目な傾向があります。

 

そして何事も100点を目指そうとします。

 

少しでもつまづいたら「もうダメだ」と感じたり、人の評価を過度に感じてしまいます。

 

失敗して落ち込みそうになったら「まっ、いいか」と呟いてください。

 

まっ、いいか」って呟くことで肩の荷が下りたように人生が楽になるように感じるからです。

 

仕事で失敗して反省することは大事です。

 

ですが生活に影響を及ぼすほど落ち込む必要はありません。

 

もし落ち込んでしまいそうになった時、「まっ、いいか」と何度も呟いてみる。

 

そうなると気持ちがスッと心が楽になります。

 

完璧な人間なんていません。

 

みんないい所があって、欠けているところもあります。

 

完璧じゃないから失敗するなんて当たり前なこと。

 

だから完璧を求めず失敗したら、「まっ、いいか」と呟いてください。

落ち込むの回避するメンタル作り②:ありのままの自分を受け入れる

 

落ち込まないためのメンタル作りとして、“ありのままの自分を受け入れる”こと意識してみてください。

 

仕事で失敗してしまうのも自分なんです。

 

よく人は

 

もし〜すれば、〜なんだけどなぁ。

 

という風に思うことがあると思います。

 

例えばあなただったら、

 

「もしこの仕事が出来たら、自分は価値のある人間なのに。」

 

という感じに。

 

このような願望を持ってしまうと今の自分を否定し、自分を受け入れなくなります。

 

その結果、自分がいつもダメな人間だと思ってしまいます。

 

でもいいんです、今のあなたのままで大丈夫です。

 

勿論失敗したら反省して、次に失敗にならないように努めるのは大事です。

 

でも普段から自分のことを否定するような考えをしていたら、自分の首をしてしまうだけです。

 

仕事のことで落ち込んでしまうくらいだから、あなたは真面目な性格で十分価値のある人間です。

 

失敗で落ち込みそうになったら下のように考えてみてください。

“自分は常に進歩しつつある人間だ。現時点でのベストを尽くしている。だから失敗をしたら仕方ないし、また成長してけばいい”

落ち込むのを回避するメンタル作り③:失敗をしても自分を責めない

 

仕事で失敗しても自分を責めることしないでください。

 

失敗して自分を攻めてしまったら、あなた自身が苦しむだけです。

 

たとえ失敗をしても、「あなた」と「あなたがしたこと」は別の話です。

 

たとえ仕事で失敗するようなことをしても、あなたは悪い人間ではありません。

 

単に賢明ではない行動をすることのある人間だというだけです。

 

あなたがとった行動はあなたの人間として価値とは関係はありません。

 

失敗を避けたからといって、良い人間である訳ではないのと同様です。

 

失敗を犯しても悪い人間ではありません。

 

たとえ愚かな失敗を犯しても、あなたは十分価値のある人間です。

 

失敗に遭遇した時は下記のように考えるようにしましょう!

自分の行動がまずかっただけで、それは反省すればいい。別に自分の性格が問題ある訳ではない”

仕事で失敗するのが怖くて仕事に手がつけれない場合

 

仕事で失敗が続いてしまうと、またどこかで失敗するんじゃないかと怖くなってしまう時ってあると思います。

 

こんな精神状態では仕事も手につかないでしょう。

 

仕事での失敗が怖くなったしまった時の対処法もご説明します。

 

先読みしすぎない

 

仕事で失敗が続いてしまうと、物事をどうしても先読みしてしまいます。

 

もしかしたらまた仕事で失敗するのではないかと必要以上に考えてしまいます。

 

失敗してしまうことを恐れて意識してしまうあまり、今やっている仕事も上の空状態になってしまう人もいると思います。

 

失敗を必要以上に意識すると失敗を繰り返してしまう原因です。

 

仕事の先読みすることは大切ですが、でも今やっている仕事の方が重要です。

 

先読みは自分の中のシュミレーションでしかありません。

 

シュミレーションが外れることもありますし、イレギュラーなこも発生する可能性も十分あります。

 

先読みだけで結果を心配するよりも先読みしても無駄な場合もあると知ることが大切です。

 

仮に失敗したら謝ればいいだけ

 

失敗を恐れている気持ちが強い人は、「もし失敗したらどうしよう」とか「失敗したらどんな顔してたらいいだろう」と考えがちです。

 

責任感の強い人は失敗することで多くの人に迷惑をかけてしまうという気持ちになりやすいです。

 

でもそこまで先読みして失敗を恐れる必要はありません。

 

あなただって失敗したくて失敗しているワケではないと思いますし。

 

失敗した時は素直に正直に謝ればいいだけの話です。

 

仕事の失敗を取り戻そうとか、なかったようにしようとしても失敗がなくなることはありません。

 

そもそも失敗を恐れていても失敗しない完璧な方法はありません。

 

だから万が一失敗したらすぐに謝る姿勢を見せることが最大の解決方法です。

 

周りは失敗して落ち込むあなたを気にしていない

 

僕もそうでしたが失敗を恐れる人は、失敗して落ち込む姿を周りに見られたくないと思う傾向があります。

 

仕事で失敗したら上司や先輩、同僚に

 

「あいつダメな人間だよな」

「あ〜あまた落ち込んでる」

「あいつ怒られてばっかで無能だよな」

 

と思ってしまい、自分で自分の首を閉めてしまいます。

 

日頃から自分に過度なプレッシャーは失敗を引き起こす原因になってしまうので気をつけてください。

 

自分が思っているほど、周りは他人の失敗を気にしていないという認識をもちましょう。

 

周囲の人もそれぞれの仕事で経験して失敗をしています。

 

どんなに仕事ができる人でも失敗しています。

 

失敗することは決して珍しいことではないし、失敗は誰にでもある経験です。

 

よって他人の失敗なんかそこまで周りは気にしていません。

 

仕事で失敗ばかりしてしまった時に考えること

 

仕事で失敗して落ち込むのを回避することも大切ですが、次は失敗しないことも大切です。

 

この章では仕事で失敗を防ぐ方法を紹介したいと思います。

仕事の方法を見直す

 

まず失敗をしたのか原因がわかったら、次にどうすればその失敗を防げるのか考えてみましょう。

 

仕事の方法を見直したら一回紙に書いてみるといいです。

 

書き出すことによって頭の中で整理されます。

 

次に失敗せず仕事が上手く行く姿を想像してみましょう。

 

仕事の方法を見直すことで周りも見えてきて、自分がどのように仕事をしたらいいか考えることが出来ます。

 

スピードより質を見直すこと

 

仕事で失敗を起こさないためには、スピードよりも正確さを優先しましょう。

 

仕事をする上でスピーディーにこなすことも大切ですが、

 

素早くこなすことに集中してしまうと正確性にかけ失敗してしまう場合があります。

 

正確な仕事をするために、スケジュールを組んで仕事に取り組むことをオススメします

 

仕事のスケジュールを組んで仕事することで、落ち着いた気持ちで集中して仕事ができます。

 

仕事の期限の1日前から2日前あたり仕事を終える目安でスケジュールで組みましょう。

 

仕事を早く終わらせてもミスが多くては大きな失敗に繋がる可能性があります。

 

それよりも正確に仕事を丁寧にこなすことが失敗を減らす対策となります。

 

自分専用の確認リストをつくる

自分専用のリストを作る

 

仕事で失敗して落ち込むのは回避するために、「自分専用の確認リスト」を作りましょう。

 

リストに書く内容は以下の通りです。

 

【リストに書く内容

 

・自分のミスしやすいところ

・上司に以前指摘された箇所

 

毎回仕事を終える毎にリストと見比べて、ミスがないか確認していきます。

 

リストにない失敗した時の場合は追加していくイメージです。

 

これを繰り返すことで仕事の質があがります。

 

まとめ:自分らしくポジティブに仕事に取り組む

 

仕事で失敗することを回避することは不可能です。

 

失敗したからといって落ち込むのは意味ありませんし、心身面にマイナスを及びます。

 

落ち込むぐらいだったら次ミスしない対策を考えましょう。

 

また失敗してしまったら素直に謝罪することも大切です。

 

人は失敗しないと成長しないことがたくさんあります。

 

誰もが悔やまれる失敗や経験を繰り返して生きています。

 

自分だけ失敗を繰り返しているワケではありません。

 

自分が成長するために失敗を引きずらず、前向きに切り替えて仕事と向き合うこと大事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です