スキル・実績なし!25歳の転職活動の始め方

「仕事がつまらないのが当たり前」の状況から抜け出す2つの方法

 

「毎日の仕事が単調過ぎてつまらない

 

「『仕事つまらないのが当たり前』って周りは言うけど本当に当たり前?」

 

仕事つまらないのが当たり前な状況を打破したい!」

 

と悩んでいるあなたの悩みを解決する記事となっています。

 

何故あなたの悩みが解決できるかいうと、

 

昔仕事がつまらないのが当たり前と思っていた僕が、

 

今では仕事にやりがいを感じるようになった方法をこの記事に書いてるからです!

 

30秒ぐらいで読みきれる内容となっているので、仕事の休憩時間に読んでみてください。

目次

仕事がつまらないと思ってしまう理由

 

仕事がつまらないと感じ始めると、負の感情がずっと続いてしまいます。

 

どうしてつまらないのか。まずは仕事が面白くない原因を探してみましょう!

 

その理由を把握すれば、仕事のつまらなさを改善することが出来ます。

 

仕事がつまらない理由として以下のことが挙げられます!

仕事がつまらない理由①:単純作業が多い

 

職種によっては仕事の進め方や業務の進め方がある程度固まっている場合があります。

 

単純作業を毎日をしていると変化がないので仕事をつまらないと感じるでしょう。

仕事がつまらない理由②:雑用ばかりの仕事

 

自分のやりたいことが実現できると思って入ったけど、やるのは雑用ばかり。

 

雑用ばかりしていると仕事の面白さを感じれず、退屈に思ってしまうでしょう。

 

仕事がつまらない理由③:正当な評価を受けていない

 

他の同僚より売上に貢献しているにも関わらず、

 

給料に反映されていないとモチベーションを保てませんよね。

仕事がつまらない理由④:やりがいがない

たんたんと仕事をこなし終える毎日。

 

「自分の仕事って役立っているだろうか?」

 

と思ってしまうことがあります。

 

やりがいを満たすことが出来ないと仕事へのモチベーションが上がらないでしょう。

仕事がつまらない理由⑤:怒られてばかり

 

上司や先輩などに怒られてばかりだと仕事への情熱は上がらないです。

 

上司や先輩の顔を伺ってばかりで心が疲弊してしまいます。

 

こうなると仕事へのやる気どころか、

 

人間関係によるうつ病にもなる可能性があります。

仕事がつまらない理由⑥:同期と比べ自分の仕事量が少ない

 

同期と比較して仕事量が少ないと、差を感じてしまいます。

 

自分の存在価値を見出せなくなると面白くない気持ちが出てきます。

仕事がつまらないと思うのは普通のこと

 

結論言うと、仕事はつまらないと思うことは普通のことです。

 

あなただけではなく皆思っていることです!

 

楽しそうに仕事をしているあの人も「仕事つまらない」と思って働いています!

 

“好きなこと”を仕事にしている人だって同じです。

 

例えばケーキを作ることが大好きで、ケーキ屋さんを営んでいる人がいるとします。

 

最初の頃は人を雇う余裕がなく、清掃やレジ打ちなど自分でやる必要があります。

 

それでも支えになるのは「自分のやりたいこと=ケーキ作り」が実現出来ているからです。

 

自分のやりたいことが一部であれば、

 

それがモチベーションとなってつまらない仕事でもやろうと思えるのです。

 

「仕事がつまらない」と思うのは至って普通のことなんです。

「仕事はつまらないのが当たり前」と言う人は全ての仕事がつまらないと思っている

 

「仕事つまらないのが当たり前だ!だから定年までその仕事を続けるのは当たり前だ!」

 

って言ってる人っていますよね?

 

あの人たちは全ての仕事がつまらないと思っている人たちです。

 

毎日つまらないと思って仕事をしています。

 

別にそれを否定するつもりはありませんし、

 

寧ろそれを続けてきた忍耐性は尊敬できる所だと思います。

 

ですがこの記事を読んでいるあなたは

 

「仕事がつまらないのが当たり前なのか?」

 

と思う現状から抜け出したいと思っているはずです。

 

「仕事がつまらないのが当たり前」を脱するには、結局自分次第で脱せます

 

自分次第で脱せるというのは昔の僕がそうだったからです。

 

昔の自分もあなたと同じように「仕事はつまらないのが当たり前」と思っていました。

 

・毎日与えられた仕事をひたすらこなすだけ

・上司の指示が絶対で自分の思いが実現できない

・1年、2年たっても同じ仕事するばかり

 

ただ目の前の仕事こなす毎日でした。

 

主体的に動いて働きたかったので毎日がつまらなかったです。

 

僕はそれを理由に今の会社に転職しました。

 

転職した会社では前職とは打って変わって、

仕事が楽しいと思えるようになりました。

 

楽しくなった理由は、やらされ仕事ではなく自分がやりたいことが出来る環境に入れたからです。

 

もちろん全ての仕事が楽しいかというとそうではありません。

 

「つまらないな」と思いながら仕事をすることも多くあります。

 

でも前からずっとやりたかったweb系の仕事も出来ていますし、

 

新人ながら責任のある仕事を任されています。

 

やりがいを持ちながら仕事に取り組めているので楽しく仕事を出来ています。

仕事にやりがいを持てる人ってどんな人?

仕事をやりがいを持って働ける人はどんな特徴があるのか紹介しようと思います。

あなたもこの特徴をおさえていけば、

 

「仕事がつまらないのが当たり前」

 

の状況から抜け出せるヒントになるかもしれません。

仕事にやりがいを持っている人①:自分の仕事に意義を持っている人

 

「自分は何のために働いているのか」

 

というビジョンを持っている人というのは、

 

仕事にやりがいを感じることが出来ます!

 

仕事なのでもちろん全て楽しいわけではありません。

 

辛いことがあって我慢しないといけない時も当然あります。

 

辛い時に遭遇しても

 

「自分がこの仕事をどうして就いているのか」

 

という思いがあれば辛い現実を受け止め改善を考えていき、

 

次に繋げることが出来ます。

 

僕の友達に着物屋で働いている子がいます。

 

その子は

 

「自分の接客スキルをあげて、お客さんに喜んでもらいたい」

 

という思いで働いています。

 

ただ接客業は休みが取りづらく、

 

連勤がずっと続くこともあり体がしんどい時があるらしいです。

 

それでも着物屋の仕事を5年以上続けています。

 

彼女が仕事を続けている要因として

 

「自分の接客レベルをあげて、お客さんに喜んでもらいたい」というビジョンがあるから続けているのです。

 

自分の仕事に意義を感じているとマイナスを覆す楽しさを仕事に見出すことが出来、やりがいを感じれます。

仕事のやりがいを持っている人②:他人に感謝される機会が多い

 

仕事にやりがいを感じることが出来る人は

 

人に感謝される機会が多い

 

という共通点があります。

 

感謝されるということは、仕事を通して誰かの役に立てれたということです。

 

例えば接客業だったらお客様のサポートすることでお礼を言われたりとか。

 

事務の仕事なら自分の仕事をきっちりこなしたり誰かの手伝いをすることで、

 

感謝を伝えられることだってあるでしょう。

 

誰かに「ありがとう」と言われると気持ちがいいですし

 

「仕事していて良かった」と思えれますよね。

仕事にやりがいを持っている③:お金のために頑張ることが出来る

働く理由を聞かれた時、

 

まず一番に「生活していくためにお金を稼ぐ」と答える人がほとんどです。

 

労働というのは時間をお金に換えるものです。

 

労働した分のお金を貰えることが出来、

 

そのお金を買い物や旅行や趣味など色んなものに費やすことが出来ます。

 

やりがいを持って仕事を取り組んでいる人はある意味「お金のため」と割り切って働いています。

 

必要以上にストレスを抱えこまないように仕事をしています。

 

仕事はしんどいこともあるけど、しっかり働けばお金を貰うことが出来る。

 

お金があれば自分の欲しいもの買うこと出来るし、お金を使って贅沢するなど

 

お金を稼ぐためと仕事のモチベーションを保つことが出来ます。

「仕事がつまらないのが当たり前」から脱するためには“当事者意識”を持つこと

 

「仕事がつまらない当たり前だと」と思う人が、

 

やりがいを持って働くにはどうすればいいのか説明をします。

 

仕事でやりがいを感じる為には、

 

“当事者意識”

 

を持って仕事を取り組むことが大事です!

 

指示通りにこなし他者に依存している仕事は楽ですけど、

 

でも自分の存在意義を見失い、やがて“やらされ感”を持って働いてしまいます。

 

当事者になることは責任が伴います。

 

期日を守る為に客先と調整に奔走したり、

 

お客様のニーズに応える為に知識の習得に励んだりと苦労がつきものです。

 

しかし自分で考え行動する姿勢で仕事に臨み、

 

周囲に影響を及ぼすことで「評価」が生まれます。

 

将来への成長にも繋がり、やりがいを感じます。

 

きっと仕事がつまらないのが当たり前な状況から抜け出せるはずです。

“挑戦の心”を持つことも大事

 

“与えられた仕事に対して課題を立て、

 

業務改善や効率化の為に工夫にチャレンジをしてみる!”

 

という挑戦の心を持つことが大切です。

 

その業務のスキルを詰めていき、

 

例えば自分の後輩にその業務を教えれるくらいまで理解を深める。

 

これもひとつの基準にしてその仕事を突き詰めていくと良いです!

 

毎日のあなたの努力は周囲から

 

「あなたに任してけばオッケー」

 

「後輩のサポートもしてくれる」

 

と評価につながり、やりがいを実感することが出来ます。

1人での業務やルーティンワークなどやりがいを見出しにくい業務の場合は?

コツコツと淡々に仕事を積み重ね、

決められた仕事を全うするだけの仕事に満足できない方の場合どうすればいいのか。

 

「ルーティンの仕事なんてつまらないのが当たり前じゃん」

 

と思うかと思います。

 

この人がやりがいを満たすには、その業務を熟練させることです。

 

さらにもう一歩踏み込んでいくと、

 

「この仕事こうすればいいのに」

 

と思うことがあります。

 

改善の芽に積極的に関わるといいです!

あなたの上司に成果物を報告する際、

 

「このやり方をすれば業務を効率化出来る」

 

と付け足して報告してみる。

 

その報告に意欲を認めてくれて、

 

あなたの思いを採用してくれるかもしれません。

 

たとえ上司に認められなくても

 

当事者として仕事に関わる自覚を得ることが出来ます。

 

やりがいを感じる場面はあるはずです。

それでも現状変わらず。「仕事がつまらないのが当たり前」から脱せない場合

まず自分なりに工夫してやってみることが大事です。

 

ですがそれでも「仕事がつまらない」のが当たり前のように続くのであれば、

 

転職に切り替えてもいいです!

転職活動を始める前に“自分がどのように働きたいのか”考える

転職先でも“仕事がつまらないのが当たり前”が続いていたら嫌ですよね?

 

そうならない為にまず転職活動する前に、あなたがどういった瞬間にやりがいを

 

感じれるのか理解することが大事です。

 

やりがいを理解した上で、それが実現できる会社を選んでいけばいいのです。

 

細くとして説明すると仕事のやりがいは、社会と本人の関係の中で生まれます。

 

やりがいの軸は社会と本人との関係の中にある、以下の3つに分かれています。

 

自分がどこにやりがいを見出すのか考えてみましょう。

 

仕事のやりがい

【評価】

自分の仕事の成果が社会にどう生かされ、周りからどんな「評価」を得られるか。

【報酬】

お金や目に見えない仕事の成果(お客様から感謝された、チームに貢献できたなど)

【将来性】

日々の仕事がどう将来につながっていくか。自分が思い描いているキャリア像に近づけるか。

 

自分と社会との関係って難しいな・・。そんなの特にないよ!

“あなた”

 

確かに「社会」という言葉は大げさに聞こえちゃうかもしれません。

 

あなたの身近にも「社会」はちゃんとあります。

 

例えば職場の同僚や友達、家族など自分の周りも「社会」の一部分に含めることができます。

 

同僚に

 

「作った資料分かりやすて、すごく役にたった!ありがとう!!」

 

と言われ、感謝の一言をもらうだけでも

 

「(自分は誰かの役に立っているんだ!)」

 

と自分の存在意義を確認することが出来ます。

 

また友人や家族の励ましがあれば満たされた気持ちになりますよね!

 

その働きによって経験やスキルが磨かれ、

 

自分の将来の成長に繋がっていくのなら“やりがい”は膨らんでいくものです。

 

上記のように自分と社会との関わりの中で、どこにやりがいを感じるのか考えることが大切です。

自身の仕事のやりがいを探す方法

では具体的に仕事のやりがいをどのように探すのか説明をします!

1.仕事の悩みを書いてみる

あなたが今仕事で悩んでいることを羅列してみましょう!

 

下の画像は僕の前職で働いていた悩みです。

仕事で悩んでいることを羅列

 

上の画像のように自分が今思っている悩みを取り敢えず書き並べてみましょう!

2.自分がどのように働きたいのか考えよう!

次に先ほど羅列した悩みに対し、自分がどのようになりたいのか考えてみましょう!

下の画像のように。

「どんな風に働きたいか?」を羅列する

 

「自分がどのように働きたいか?」を考えることはすごく大切です。

 

なぜ大切かというと、あなたの転職活動の軸になるからです。

 

転職活動の軸を決めてしまえば、あとはその軸に合った企業を選べばいいのです。

 

また転職活動の軸が定まっていると良い理由は、もう1つあります。

 

それ面接官から「あなたの転職活動の軸はなんですか?」と聞かれる場合があるからです。

 

面接官は

 

「その人がどんな人間なのか?」

 

「会社の社風とその人がマッチしているか?」

 

を知りたいが為に、転職活動の軸を聞いてきます。

 

現に僕は2回ほど面接官に「転職活動の軸はなんですか?」と聞かれたことがあります。

 

ですから『自分がどのように働きたいか=転職活動の軸』なったのかその理由と背景を面接時に話せるといいです!

実際に転職活動はどのようにするのか?

あなたは転職活動について知らないかもしれないので、ご説明します!

 

基本的に仕事がつまらないからといって、すぐに会社を辞めてしまうのはオススメしません!

 

なぜなら一度失業してしまうと、再就職は難しい傾向があるからです。

 

その為に今の仕事を続けながら転職活動をするのをオススメします!

 

転職活動する方法として以下の5つがあります。

 

転職する方法

①企業のホームページが直接応募する

 

②転職サイトや求人雑誌を利用する

 

③転職フェアやイベントに参加する

 

④ハローワークから求人を紹介してもらう

 

⑤転職エージェントを利用する

 

この中でも転職エージェントの利用するのをオススメします!

 

理由として時間のない中で効率的に転職活動が出来ますし、自分も転職エージェントを利用して転職出来たからです。

そもそも転職エージェントとは?

 

そもそも転職エージェントとは、どんなものかご説明します!

転職エージェントを説明

 

転職エージェントは登録をすると完全無料で転職相談に乗ってくれるサービスです。

 

企業の求人紹介から面接のセッティング、

 

給与交渉など転職に必要なサポートをしてくれるサービスのことをいいます!

 

無料の理由として、転職エージェントはあなたが入社すると

 

企業から謝礼(紹介料)として年収の30%前後に当たる額を受けとっているからです。

 

転職エージェントのサービス内容は以下の通りです。

 

MEMO
【転職エージェントの特徴】

 

①転職の相談にのってくれる

 

②あなたに適した求人を紹介してくれる

 

③履歴書や職務履歴書を添削してもらえる

 

④面接対策をしてもらえる

 

⑤選考日程を調整してもらえる

 

⑥内定確定後も給料交渉などしてくれる

 

ここまでサポートしてくれるので、仕事をしながら転職活動は可能です!

 

逆に転職エージェントを利用しないと、全て1人でやらなければなりません!

 

僕の経験談として仕事しながら転職活動は結構ストレスです。

 

頼るところは頼って転職活動をした方がいいです!

オススメの転職エージェントとは

それではオススメの転職エージェントをご紹介します

リクナビエージェント

リクナビエージェントは一番の求人数を誇ります。ここを登録しておいて間違いはないでしょう!

https://www.r-agent.com/

 

マイナビエージェント

こちらも業界で有名なマイナビエージェント。

 

リクナビエージェントに取り扱っていない求人もあるので、併せて登録しておきましょう!

https://mynavi-agent.jp/

 

ワークポート

ITやWEB系の求人を中心に取り扱っている業者です。

 

ITやWEB系を志望している人は利用した方がいいです。

 

僕の実感値ですが他の業者と比べ、ITやWEBの求人数が多いです。

 

因みに僕はワークポートさんから紹介で今の企業で働いています。

 

サポートは他の業者より手厚く助かりました。

https://www.workport.co.jp/

まとめ

今回は

 

「仕事がつまらないのが当たり前なのか?」

 

と思っているあなたに向けて記事を書いてみました!

 

忘れないようにもう一回振り返っておきますね!

 

この記事のまとめ
・仕事がつまらないのは普通のこと

・「仕事がつまらないのが当たり前」と言う人は全ての仕事がつまらない人

 

・今の仕事にやりがいを感じない人は「当事者意識」を持って働くこと

 

・それでもやりがいを感じない時は転職を考える

 

・一番のオススメの転職方法は「転職エージェント」を利用すること

 

 

最初から「仕事を辞める」と決め打ちせず、まずその仕事でやりがいを見出せないかやってみましょう!

それでも仕事がつまらなかったら、転職を考えてみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です