スキル・実績なし!25歳の転職活動の始め方

「上司がウザい」というストレスから解放されたいあなたへ

上司ウザい・・・」

ウザい上司と働きたくない!」

「まじで上司ムカつく・・」

 

と思っているあなたに向けた記事となっています。

 

この記事を読めば、ウザい上司のストレスがなくなり楽しく仕事出来るようになります。

 

何故ならこの記事は、僕の体験を元に記事を作っているからです。

 

理不尽で暴君な上司から解放され、今では上司や同僚に恵まれた環境で楽しく仕事が出来るようなりました。

 

今回の記事は昔の僕みたくウザい上司に悩まされているあなたに役立つよう書いてみましたので、

 

ぜひ読んでみてください。

ウザい上司ってむかつきますよね

 

本当にムカつきますよね。

 

この記事を読んでるくらいだから、相当あなたは上司にムカついていると思います。

 

僕も最初に入社した会社の上司がウザかったので、あなたの気持ちはすごく分かります。

 

僕の上司は、

 

・上司が完全に非があっても認めない

・部下の話を全く聞き入れず、自分の発言が正義

・「納期・時間は守れよ!」と散々言っときながら、いつも平気で打ち合わせに遅刻してくる

・部下の気持ちを全く汲み取ってくれない

 

などなどかなりねじ曲がった上司でした笑

 

他部署の人に質問をするため聞きに行った時、その上司にその様子を見られ

 

「なに雑談してんだ!仕事に集中しろ!」

「お前なんか立って仕事してんじゃね!」

「他部署の人に迷惑かけるだろ!」

 

と散々怒鳴りつけられました。

 

話したのは1分ぐらいで、仕事のことで話していたので

 

「何でそこまでして怒られなきゃいけないんだ?」

 

と理不尽な思いをしたのは今でも覚えています。

 

僕は結局その会社を辞め転職しました。

 

新しい会社は上司や同僚に恵まれ楽しく働いており、

 

今回は僕が培った経験をベースに、あなたの役に立てればなと思っています。

 

是非最後まで読んでくれたら嬉しいです。

ウザい上司の特徴

ウザい上司

 

ではまず「ウザい上司とはどんな上司なのか?」お話したいと思います。

 

ここではウザい上司の特徴について説明していきます。

すぐ自慢話をしてくる

 

上司から過去の武勇伝を聞かされた人って結構多いと思います。

 

正直自慢話をずっと聞かされるのって嫌ですよね。

 

これが1回や2回程度自慢されたらまだしも、事あるごとに自慢話をされたら聞いてるこっちも嫌になりますよね。

 

「俺は寝ずに働いた」

「お前と同じくらいの歳の時、これだけ働いた」

 

などなど。

 

「だから何?」というのが本音です。

 

こんな話を聞かされてもいい気持ちにならないし、その上司を尊敬出来ないです。

プライベートにまで関与してくる

 

やたらプライベートのことまで関与してくる上司はウザいですよね。

 

仕事とプライベートは切り分けたい人がほとんどだと思いますので。

 

上司は部下と仲良くなるためのコミュニケーションの一環だと思いますが、部下からすると迷惑ですよね。

 

仲が良かったらいいかもしれませんが、上司が嫌いだったらウザい気持ちしか残らないですよね。

自己中心的な上司

 

部下のこと考えずに自己中心的な振る舞いな上司はウザいですよね。

 

部下の思いを聞き耳を立たず、

 

「自分が正しいんだ!」

 

と暴君をはらってしまう上司は部下からするといい迷惑でしょう。

器が小さい

 

部下の一度のミスに対して、寛容になることが出来ず嫌味を言ってきたり、

 

あたかも何回も同じミスをしたかのように、同じ話を何度もしてくる上司はかなりウザい上司です。

 

こういうタイプは誰かを批判して、自分が優越感に浸りたい性格がほとんどです。

部下を馬鹿にする

 

部下がした失敗を馬鹿にする上司もウザいですね。

 

失敗したくて失敗している訳ではなく、それをほじ返されるとムッとしてしまいます。

 

本来部下が失敗した時は馬鹿にするのではなく、今後失敗をどうやって減らすか考えるべきです。

 

「失敗した原因は何だと思う?」

 

とフォローしてあげるのが上司の役目です。

すごく細かい上司

 

仕事のやり方や態度についてやたら細い上司はウザいですよね。

 

別に大したことがない事にやけに細かく指示している上司がいます。

 

その上司のせいでどうでもいい所に時間を使われてしまうと、ウザいとしか思いようがないですよね。

気分屋な性格で自分の機嫌で仕事している人

 

気分屋な性格で態度がコロコロ変わってしまう上司はウザいですよね。

 

さっきまで普通だったのに仕事の納期が迫ったとかで余裕がなくなってしまい

 

部下とかに感情をぶつけてしまうのは良くありません。

 

上司のこのような姿勢だと周囲の人は面倒臭くてウザいと思ってしまいます。

すごく厳しい上司

 

やたら他人に対して厳しい上司はウザいと思われても仕方ないです。

 

小さなミスでも怒鳴りつけたり、厳しく突っ込んできたりなど。

 

そこには部下への情はなく、厳しさを超えていじめになってしまっている場合、大きなストレスを感じます。

ウザい上司の対処法

 

話を聞き流す

 

真面目な人は上司の話全て聞き入れてしまい、精神を病んでしまうことが多いです。

 

それではあなたが消耗するだけなので、上司の話は軽く聞き流してください。

 

何か上司に言われても、

 

「わかりました」

「すみませんでした。」

 

と表面だけ誠意な表情を見せて、気にしないようにする。

 

僕もそうでしたが気にしてばかりいると、本当に疲れてしまうので。

 

この上司はそういう性格なんだ

 

と割り切ってしまい、目の前の仕事に集中しましょう。

周りの同僚と相談してみる

 

ウザい上司の対応に振り回されているのはあなただけでないはず。

 

恐らく周りの人間もその上司にウザいと思っているはず。

 

あなたがその上司への思いを打ち明けてくれたら、きっと同僚も共感してくれるはず。

 

1人味方を増やせば、心の拠り所も作れ気持ちも楽になるでしょう。

 

また同僚とウザい上司の悪口を言い合うことも有効です!

 

悪口を言ってしまうのは本来良くない行為ではあります。

 

だけどネガティブな気持ちを留めていくのも、精神衛生上良くありません。

 

なので上司のいない所で、同僚と上司の悪口を言い合ってストレス解消をしましょう。

 

ただその悪口が漏れてしまうリスクもあるので、周りには細心の注意を払ってください!

仕事以外一切関わらない

 

何かとプライベートに関与したがる上司には有効的です。

 

あんたとプライベートで一切関わらないよ!

 

と上司に見せつけるのです。

 

自分の立ち位置、キャラクターを認識してもらう。

 

上司から飲み会を誘われても、

 

「この後予定あるんで・・・」

 

と拒否する姿勢を見せましょう。

 

拒否され続けると上司も

 

こいつは仕事以外で絡むのは嫌がってるから、誘っても無駄

 

と思うので、そうしたらこっちの勝ちです!

 

ただこの手法の注意点として、

 

仕事のコミュニケーションは疎かにしない

 

ということです。

 

プライベートの関わりは断絶していいですが、仕事のコミュニケーションは必ず行うようにしましょう。

 

そこで会話がなかったら、あとで共有不足で辛い目に合う可能性があるからです。

仕事を結果を出して何も言わせないようにする

 

難しい話になってしまいますが、仕事で結果を出して上司に何も言わせないようにすることです。

 

ウザい上司に対してかなり有効です。

 

そこで認められばウザい上司からの扱いも変わってくるはず。

 

ウザい上司への憎悪な気持ちは一旦留めて、目の前の仕事をこなしていきましょう。

限界まで我慢しないこと

 

ストレスが限界を超えても、ウザい上司と働こうとしてはいけません。

 

限界を超えるとあなたが病気になってしまう可能性があるからです。

 

我慢し続けながら仕事をすることは間違っています。

 

本当にどうしようもない時は、そのウザい上司から逃げましょう。

仕事の目的をはっきりさせよう

 

曖昧な指示しかくれない上司に対して有効です。

 

任された仕事の目的を最初に明らかにすることです。

 

目的を最初にお互いに共有することで、お互いのベクトルを合わせれますからね。

 

例えば資料の作成を上司に頼まれた時

 

・何のために

・誰に見せるのか

・その資料を作る必要はあるか

 

などポイントとなる部分を理解しておけば、目指すベクトルを外す可能性は低くなるでしょう。

 

また

 

・どのレベルの資料なのか?

・たたき台レベルの資料か?

・完成レベルの資料なのか?

 

上司とのレベル感を合わせることで、資料作成に必要な時間が分かります。

 

資料のレベルが把握できたら、今度は納期を決めましょう!

 

納期を決める際は何時までに仕上げるか、決めておくといいです。

 

納期設定のポイントはその時間までに完成できるのが目安です。

 

ここまで仕事の目的、方向性、日時を決めればあとは実施するのみで、

 

これで仕事が順調に進めることが出来ます。

対処しても変わらない場合、ウザい上司は改善できない

 

ここまで対処しても上司は変わらない場合、残念ながら上司に期待するのはやめましょう。

 

あなたの力ではそのウザい上司は改善出来ないです。

 

上司がこれまで培った価値観をあなた1人で覆すことは不可能に近い。

 

そして何より無理したら、ストレスやうつ病になってしまう可能性があります。

 

ウザい上司なんかよりも自分の体を労った方がいいです。

ウザい上司の態度が間違っている

 

ウザい上司とはいえ、理不尽なこと言ったりネチネチ文句言われたりすると

 

「俺ってダメだな・・・」

「もっとこうすれば良かったかな・・・」

「何でこんなにダメなんだろ・・・」

 

と思ってしがいがち。

 

ですけどネガティブに考えないことが大事で、

 

決してあなたが悪いのでなく、相手に嫌な思いをさせてしまう上司の対応が間違っています。

 

上司は本来

 

・部下のモチベーションを管理

・チームの結束力を高める

 

ことが仕事です。

 

チームの和を乱していたり、部下のモチベーションを下げてしまう行為は上司として失格です。

ウザい上司にもうストレスが限界な時

「上司がウザい」から悩んでいる姿

 

「この上司と一緒に働きたくない・・」

「上司の顔を本当に見たくない・・・」

 

と強く思うようになったら以下の3つどれか実践してみてください。

①身体面・精神面に異常がきていないか確認

 

まず精神・肉体面で普段と比べおかしい所がないか確認しましょう。

 

異常が見つかった後に行動するでは対処が遅いです。

 

対処が遅れてしまうと職場から離れる可能性があるのはもちろん、

 

社会復帰ですら困難になってしまう可能性があります。

 

ですので身体・精神面に異常がないか確認しましょう。

 

下の記事は以前に上司との関係がストレスフルな時の対処について、具体的に書いた記事ですので併せてチェックしましょう。

 

②友だちや家族、同僚に相談する

精神的にきつい時に友だちや家族など周りの人に相談することも大事です。

 

自分を理解してくれる人に聞いてもらうことで、スッと楽になりますからね。

 

また周りの人に相談することによって、自分では思いつかなかった解決策を教えてくれるかもしれません。

③上司の上司に報告する

 

自分で対処出来ない場合は上司の上司に報告するといいでしょう。

 

上司は上の立ち位置があるからこそ悪態がつけるのです。

 

なのでその上司よりも強い権力を発揮してもらって、上司を黙らせるのも1つの手です。

 

④第三者機関を頼る

 

周りに相談する相手がいなかったら第三者機関を頼るといいです。

 

労働組合がある会社なら労働組合に話をするといいでしょう。

 

労働組合がない会社は、最寄りの「労働基準監督署」の総合労働相談コーナーに行ってみましょう。

 

“あわせて読みたい”

 

総合労働相談コーナーは職場のいじめや嫌がらせなど。労働に関するあらゆる相談をすることが出来ます。

それでも変わらない場合はウザい上司から逃げる

 

異動する

 

部署を異動するだけでウザい上司へのストレスがなくなるなら、部署異動するといいです。

 

上司以外で今の会社に満足しているのであれば、会社を辞める必要はないですし。

転職する

 

部署異動してもウザい上司から解放されないのであれば、会社を辞めてもいいです。

 

僕は部署異動せず、会社を辞めました。

 

転職先では良い上司や同僚に恵まれ、前の会社と打って変わって楽しく仕事をしています。

 

環境を変えるだけで、こんなに違うのか

 

と感じています。

 

新しい環境へ飛び立つこともいいんじゃないかと思います。

ウザい上司から逃げて環境を変えることは、恥ずかしいことではない

 

心の底から上司のことウザいと思うなら、そこから逃げ出していいです。

 

なぜかというと、あなたの人生が1番大事だからです。

 

仕事って、1日8時間ぐらい少なくともあります。

 

人生の多くの時間を費やす仕事が心底辛いなら、何の為の人生なんでしょうか?

 

仮にウザい上司が嫌だからと言って辞めると、

 

「将来正社員に就けないんじゃないか」

「生活できるか不安・・・」

 

と考えてしまうかと思います。

 

僕も前職を辞めた時はそう思っていたので気持ちは分かります。

 

前の所で書いた通り、僕は暴君で理不尽な上司に悩まされ精神的に消耗していました。

 

毎朝起きて最初に

 

「仕事行きたくない・・・」

「会社に行くのが辛い・・」

 

と思ってばかりでした。

 

でもここで逃げたらダメだなと思い、辛い気持ちを押し殺して出社していました。

 

周りを見てみると楽しそうに仕事している人が沢山いて

 

「あ〜あ、羨ましいな・・」

「何で俺だけこんなに辛いだろう・・・」

 

とネガティブに考えるばかり。

 

今思うと軽いうつ病だったなと思います。

 

そんな消耗していた僕でしたが、人に恵まれた所に転職ができ楽しく仕事をしています。

 

だからあなたも逃げたって大丈夫です。

 

 

今の会社を辞めたからといって

 

「職がつけない・・・」

「生活できない・・・」

 

とかはまずあり得ません。

 

本当に逃げたかったら、恥じらう気持ちを忘れ逃げてください!

 

会社を辞めずとも部署異動すればウザい上司へのストレスがなくなる人は、部署異動でもありです。

人間関係に恵まれた会社へ転職するには

 

① 転職先を見つけてから、今の会社を辞める

 

まず今の会社は転職先を見つけてから、会社を辞めるようにしましょう。

 

会社を辞めてしまうと無給になってしまうので。

 

会社を辞めてしまって無給の中生活をしていると

 

・貯金から生活しないといけない

・貯金からお金を下ろしている生活は精神衛生上良くない

・転職活動がいつ終わるか分からない

 

など様々デメリットがあります。

 

ですので転職先を見つけてから転職することをオススメします。

 

ただ

 

「今すぐにでも会社を辞めないと精神的にきつい」

「病気になってしまう・・」

 

と思うのであれば、会社を辞めてから転職するのもありです。

② 転職エージェントを利用してみる

転職エージェントを画像を用いて説明

 

転職活動する時は『転職エージェント』を利用するといいです。

 

転職エージェントとは人材紹介サービスの1つです。

 

アドバイザーが転職したい人に最適な求人を紹介しています。

 

アドバイザーは求人紹介以外にも、以下のことを無料でフォローしてくれます。

 

 

転職エージェントとは?
転職エージェントとは?

 

①転職の相談にのってくれる

 

②あなたに適した求人を紹介してくれる

 

③履歴書や職務履歴書を添削してもらえる

 

④面接対策をしてもらえる

 

⑤選考日程を調整してもらえる

 

⑥内定確定後も給料交渉などしてくれる

 

 

無料な理由は、転職エージェントはあなたが入社すると

 

企業から謝礼(紹介料)として年収の30%前後に当たる金額を受け取っているからです。

 

転職エージェントは国内で数多くの会社が存在していますが、

 

僕がオススメするのは、以下の3つの会社です。

 

「リクナビエージェント」と「マイナビエージェント」はどちらとも大手で、

 

求人数を多く取り扱っているので登録して間違いないです。

リクナビエージェント

 

リクナビエージェントは求人数が10万件以上を誇ります。

 

超大手企業から中堅企業までもちろん、少人数や専門性の高い企業など。

 

一般には非公開な求人も多く取り扱っているので、可能性が広がります。

 

マイナビエージェント

 

リクナビエージェントと比べ求人数は劣りますが、それでも業界では超大手。

 

リクナビエージェントでは取り扱っていない求人とかもありますので、併せて登録することをオススメします。

ワークポート

 

またITやweb系の企業を志望しているのであれば『ワークポート』もオススメします

 

ITやweb系なら1番求人数を取り扱っているので。

 

サポート面で考えると「ワークポート」は断然いいです。

 

 

面談では親身に話を聞いてくれ、メールでのやりとりもレスポンスが早かったです。

 

また電話も頻繁にして頂いて本当に助かりました。

 

 

まとめ

 

今回はウザい上司に悩むあなたへ記事を書いてみました。

 

今回紹介した対処法を実践してみましょう。

 

もしそれでも状況が変わらないのであれば、

 

・部署異動

・転職活動する

 

をした方がいいです。

 

あなたの大切な時間をウザい上司に使っていても勿体ないですからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です