就活で悩むあなたはコチラ!

【5分で理解】会社の怖い先輩を克服する方法を教えます

先輩怖いから仕事に集中出来ない。」

怖い先輩に立ち向かうにはどうすればいい?」

先輩を見ると思わず萎縮してしまう。」

 

という悩みを持つあなたに向けた記事となっています。

 

この記事を読めば、怖くて悩んでいた日々から解放され

 

先輩と円滑に仕事を取り組むことが出来るでしょう。

 

会社の5分休憩で読める内容となっていますので、ぜひ読んでみてください。

 

怖い先輩と働くのって辛いですよね。。

 

この記事を読んでいるあなたは、先輩が怖くて悩んでいる方だと思います。

 

普段先輩と仕事をしていると

 

〇〇さん今イライラしていないかな・・・

今話してきても大丈夫かな・・・

怒られたらどうしよ・・・

 

と横目で気にしながら仕事しているんじゃないかと思います。

 

分かります、その気持ち。

 

何を隠そう僕も先輩が怖過ぎて、めちゃめちゃ悩んでいましたから。

 

初めて入った会社で、一緒の部署で働くことになった先輩が本当に怖かったんです。

 

男の先輩で普段おとなしい感じなんですが、切羽詰まった状況になると態度が急変する人でした。

 

そんな時に相談しに行ったら、

 

・見せたプリントは投げ返される

・睨みつけながら話してくる

・「自分で考えろ!」とブチ切れられる

 

などなど、かなりしんどいことをされたのは今でも鮮明に残っています。

 

今はその会社を辞めて転職したので、その悩みは消え楽しく働いている状態です。

 

ただ昔の僕みたく職場の先輩で悩んでいる方は多くいると思いますし、少しでも僕の経験が役立てれてならと思って書いています。

 

僕の話はこれでおしまいにして今後あなたが先輩に対してどのように対処すべきなのか、次で説明しようと思います。

怖い先輩は「厳しい先輩」と「理不尽な先輩」の2つに分かれる

 

まずあなたが怖いと思っている先輩について考えてみましょう。

 

突然ですがあなたに問います。

 

あなたの先輩は、厳しい人ですか?それとも理不尽な人ですか?

 

先輩が怖いと言っても“厳しい先輩”と“理不尽な先輩”とでは違います。

 

あなたが今怖いと思っている先輩は”厳しい先輩”なのか、それとも“理不尽な先輩”なのか判断することが大事です。

 

両者怖いのは共通していますが、決定的に違うのが

 

あなたのことを思っているか

 

ということ。

 

厳しい先輩はあなたことを思っている優しい先輩をさします。

 

反対に理不尽な先輩だとあなたのことを思わず自分の感情で行動しがちです。

 

厳しい先輩は怖いかもしれませんが、心の底はあなたの成長を実は願っているのです。

 

とてもあなたにとって良い先輩なのです。

 

まずあなたの先輩は単に厳しいのか、理不尽な先輩なのか見極めましょう!

厳しくて怖い先輩の特徴と対処法

厳しくて怖い先輩

 

厳しくて怖い先輩は人間性に問題はないけどただ怖い人。

 

「ここ入念にチェックするように言ったよね?なんでやらなかったの?」

 

「仕事中は集中する!そんなんだとまたミスするよ!」

 

など厳しく言われ心がキリキリしてしまったり、

 

その先輩が苦手なってしまうかもしれません。

 

ですがその先輩が厳しい言葉を発したのも意味があります。

 

あなたに仕事が出来るようになってほしいから、敢えて厳しく言っているのです。

 

厳しく言うことが好きで言ってる訳ではありません。

 

ちょっと厳しく言われてしまったなら、以下の考え方で捉えることが大事です。

厳しさの裏側を考える

 

「もうちょっと優しく言ってくればいいのに・・・」

「いちいちうるさいし、ホント苦手・・・」

 

って後輩側からするとこういう気持ちになりやすいです。

 

でも厳しい言葉の裏側には

 

きちんと教えないと、この子が大変な思いをする

 

という先輩の心の声が隠れています。

 

もしこのままダメな状態だったら、あなたは社内の人間やお客さんに迷惑かけちゃうかもしれません。

 

そうならない為にも先輩は敢えて忠告するのです。

 

先輩から厳しいことを言われた時

 

なぜ先輩は厳しく接したのか?

 

と自分に問いかけるといいですよ。

 

そうしたらきっと答えが見えてくるはずです。

厳しい先輩の指導を当たり前だと思っていけない

 

先輩から教えてもらえることを当たり前だと思ってはいけません。

 

先輩の仕事は後輩に仕事を教えることも仕事の一部ですが、

 

先輩だって他の仕事があります。

 

仕事の時間を惜しんであなたに指導していることを理解しないといけません。

 

・自分のことしか興味ない

・他人に関わるのが面倒臭い

・他人のことはどうでもいい

・言って嫌われるのが嫌

 

と思う人間が多くいる中で、敢えて指導してくれる先輩は1番優しい人かもしれません。

適度に受け流すことも大事!

 

最後に厳しい先輩と上手く付き合うための秘訣として

 

適度に受け流すことも大事!

 

ということです。

 

「おいおい先輩の厳しくする意図を汲み取るって言ってたけど、矛盾していないか?」

 

と思うかもしれませんが、これが結構大事です。

 

なぜなら状況によっては忠告を完全に受け止めることは難しいからです。

 

どうしても自分の仕事が上手くいかなくて落ち込んでいる時に厳しいことを言われたら、

 

完全に受け止めることって難しいと思います。

 

先輩は自分の為に言ってくれるけれども。

 

そんな時は

 

「やっぱり自分ってなんでダメなんだ」

 

と思うのではなく、

 

言われちゃったな~。けど、次から頑張ろう

 

と適度な心の切り替えをしましょう!

 

そうして心にゆとりを持てれば自ずと上手くいきます。

 

後輩が仕事で上手く行けば先輩も喜んでくれるはずです。

人間性に問題ある怖い先輩の場合

 

では厳しい先輩と打って変わって、人間性に問題がある理不尽な先輩はどうでしょう?

 

理不尽にもタイプがありますのでそれぞれ特徴と対策を見ていきましょう。

 

自分の機嫌で仕事をするタイプ

 

ついさっきまで機嫌がよくニコニコしていたのに、突然不機嫌になって

 

相手に当たったり無口になる人はどのようにすればいいか。

 

自分の機嫌で仕事する人と一緒に仕事をしていると相手の機嫌に振り回されて、

 

付き合う方もヘトヘトになってしまうかと思います。

 

そんな気分屋な先輩との付き合い方は以下の通りです。

 

対処①:先輩が自分の機嫌で仕事をしてしまう人間だと理解する

 

自分の機嫌で仕事する人と上手く付き合うには、まず相手のことを理解することが大事です。

 

相手のことを理解することで変に考えなくて済み、気が楽になりますからね。

 

僕の実体験の話ですが、前勤めていた会社の先輩がまさに自分の機嫌で仕事するタイプでした。

 

さっきまで上司と明るく話していたにも関わらず、その直後仕事で躓いている所を相談しにいくと

 

「うるさい!今忙しいから話しかけるな!!」

 

とツッパリ返されてしまいました。

 

当時の僕は

 

「先輩に悪いことをしたのか?」

 

と考えてみましたが、見覚えがなく、、、

 

でもこの出来事から、毎日一緒に仕事をしていくにつれてこの先輩は

 

自分の機嫌で仕事する人

 

なんだと気づきました。

 

最初はその人のペースに合わせてしまい自分まで嫌な思いをしていましたが、

 

気を遣って嫌な思いをするのは嫌だなと考えるようになり、途中から僕はその先輩のことを

 

自分の機嫌で仕事をする残念な人間

 

と意識するようにしました。

 

このように相手の事を低く見積もれば、相手に期待を持たずに済むし

 

また八つ当たりされるようなことがあっても、気分はまだ楽でした。

 

相手の事を理解することは有効な付き合い方です。

 

また相手はどの時に機嫌を損ねるか、どの話題や対応を好むか、普段の関わりの中から見つけることも大事です。

 

周囲の人から情報を集めておくのも良いでしょう。

対処②:相手の機嫌を取ろうとしない

 

先輩が機嫌が悪くなったとしても、相手の機嫌を取ろうとしないようにしましょう。

 

なぜなら気分屋な人の機嫌を取ろうとすると、かえって疲労を感じストレスを貯めやすくなるからです。

 

自分の機嫌がコロコロ変わる人は相手の関わり方によって変わることはありません。

 

その為、機嫌を取ろうとするあなたの努力は残念ながら水の泡となる事が多いです。

 

気分屋さんにしか分からない“ご機嫌スイッチ”があると思った方がいいです。

 

なので無理にご機嫌を取ろうとする必要はありません。

対処③:相手の態度に振り回されない

 

自分の機嫌で仕事する人は変動が激しい人がほとんどです。

 

機嫌の変わるタイミングも周囲からすると

 

なんでそこで機嫌悪くなる?

 

と思うことが多いと思います。

 

気分屋さんな先輩の態度にいちいち反応しようとすると、気がづけば相手のペースになってしまいヘトヘトになります。

 

知らないうちに気分屋さんな先輩の顔色を伺いながら生活することにもなりかねます。

 

こういう人と接するときは

 

気にしない

 

ことが大事です。

 

めんどくさい先輩の言動を気にしてたらあなたの心まで疲弊してしまいます。

 

めんどくさい先輩の人格に問題があります。

 

あなたは、あなたのペースで気分屋さんな先輩で接することを心がけてください。

態度の悪くて怖い先輩の場合

 

態度の悪い先輩って色々思い浮かびますよね。

 

・自分の心をえぐるぐらい言い方がひどい

・睨みつけてくる

・暴力を振るうフリをする

 

などなど。

 

こういう態度の悪い先輩の場合、職場の人を味方につけて対応することが効果的です。

 

このタイプの人間は自分よりも地位が高い人や好きな人間を前にすると、悪い態度をキッパリやめる傾向があります。

 

その為にも職場の人とコミュニケーションをすることが大事。

 

その先輩のことや仕事について上司や同僚に相談するといいです。

 

きっと相談にのってくれるでしょう。

 

職場の人とコミュニケーションを取り、味方を増やすのがいいです。

 

味方を増やせば精神的に楽ですし。

言動が怖い先輩

 

言葉遣いが悪くて怖い先輩は、まともに相手にしないことです。

 

・お前は出来損ない

・お前に任せた俺がバカだった

・お前バカじゃないの

 

などなど、このような発言は何気なく発せられるのがほとんどです。

 

場合によってこのような言葉を使う事で「自分は優秀だ」と自己満足に浸りたいだけの可能性もあります。

 

発言内容はしょうもないことがほとんどなので、まともに受け取らないことが大事です。

 

どうしてもストレスを感じた時は、上司に相談してみるといいです。

 

そのような悩みも聞いてくれるはずなので。

 

相談しても状況が変わらない、もう耐えられない!という場合は異動や退職も検討してみましょう。

 

先輩のいない所で働けば、その悩みも解決すると思います。

先輩が怖いから萎縮して何も出来ない場合

 

ここまで怖い先輩に対して対処法について話してきました。

 

いかがですか?

 

ただ怖い先輩に対処する前にそもそも

 

萎縮してしまう・・・

ビクビクして動けない・・

 

という方もいらっしゃると思います。

 

先輩にビクビクしてそもそも行動ができない人はどうすればいいかご説明します。

怖い先輩を観察しイライラするポイントを把握する

 

怖い先輩を観察することはとても有効です。

 

その先輩が怒ったり、イライラしてしまうポイントを把握するよう観察することが大事です。

 

どんなことをした時に怒っているのか把握するだけで、今度は自分がしないように注意すればいいです。

 

その怖い先輩を見るだけでは判断できない時は、その他の同僚を観察するといいです。

 

その同僚と怖い先輩はどのように接しているのか見て、自分とどこが違うのか比較してみましょう。

 

自分が怒られているポイントも分かりやすくなりますよ。

 

観察していくと同僚の人は怖い先輩と仕事をする際

 

後回しにせず仕事がすぐやる

 

怒らないように仕事が丁寧

 

という傾向が見えてくるかもしれません。

 

自分と他の同僚では何が違うのか理解し、ケアしていけば気持ち的に楽になることが出来ます。

 

またその怖い先輩の立場に立って考えてみるのも、先輩の気持ちの動きを理解できやすいです。

 

観察ポイント

 

・先輩はどんなことにストレスを感じているのか?

・なぜ先輩はイライラしているのか?

・上司の目を気にしているのか?

 

などなど考えてみましょう。

 

そうすると怖い先輩のイライラしているポイントや理由が理解することが出来ますよ。

萎縮する必要はない!もう開き直って接すること!

先輩が怖くて萎縮している様子

 

あなたが怖い先輩にビビる気持ちは理解できますが、けど普段からその先輩にビビる必要はないです。

 

先輩をイライラさせたいと思ってわざと何かしている訳でもないですし。

 

その怖い先輩と接する時は、開き直ることが大事です。

 

自分がミスしたせいで先輩がイライラしている時も

 

この人イライラしすぎでしょ?

 意味わからない

 

と平然な気持ちを持つことが大事です。

 

だからといってミスして反省しないのはダメです。

 

ミスした時は先輩に謝罪して、ミスした原因とその予防策を考えることが大事です。

 

あとは必要以上に先輩のことを気にかけず、開き直ってください。

 

開き直ることで気持ちが楽になります。

 

怖い先輩が意味不明なところでイライラしている時も

 

あの人なんでイライラしているの?

 バカじゃない。

自分は関係ないから知らない。

 

と開き直ってみてください。

 

案外気持ちが楽になりますよ。

自分を否定していると思わない

 

怖い先輩から色々厳しいことを言われると、人格を否定されているように感じます。

 

そうすると萎縮してしまったり、余計怖いと感じてしまうものです。

 

怖いと思うとミスを連発してしまい、自分の立ち位置が厳しくなります。

 

なので先輩に何か言われたとしても、

 

人格を否定している訳ではない。だから必要以上に落ち込まない

 

と意識してみることです。

 

万が一人格を否定されているのであれば、その先輩がおかしいだけです。

 

その先輩の性格に難があるだけで、その先輩のことを周りの人はよく思っていないはず。

 

あなたが仕事できるようになれば自然と他の同僚と関係が出来るので、その怖い先輩のことも必要以上に気にならなくなります。

 

それでも「先輩が怖い!」って思ったら、これすれば改善できるかも・・・

 

そうは言っても怖い!

やっぱり先輩に萎縮してしまう・・・

もう怖くて仕事に集中できない・・

 

と前の書いてあることを実践してもダメだった場合

 

可能性は低いと思うけど、もしかしたら自分に落ち度があるかもしれない。

 

今は辛いけど、自分に落ち度がないか確認してみよう。

①時間・約束を守らない

スケジュール管理

 

集合時間や仕事の締め切り、約束を守らないと先輩や周りの人から信用を得ることは難しいです。

 

もし時間や約束を守れていなかったら要注意です。

 

時間や約束を守ることを意識して仕事に取り組みましょう。

 

仕事をするときは、やるべきことを管理して優先順位をつけて仕事をすることが大事です。

 

仕事を始める前はいきなり作業するのではなく、必ず段取りをしてから仕事を進めましょう。

 

段取りをすることで仕事で遅れる可能性は減りますので。

②同じミスを何度もする

 

同じようなミスを何度もして先輩がイライラしているようであれば、あなたにも落ち度があります。

 

1度指摘されたミスを何度も繰り返してしまうと指摘しても意味がないと思い、余計イライラしてしまうでしょう。

 

先輩は暇ではありませんし、先輩は先輩で自分の仕事をしています。

 

先輩の時間を奪わないためにも、2度と同じようなミスをしないことが大事です。

 

何度も同じミスをしてしまうと、先輩との関係も悪くなってしまいます。

 

「自分は大丈夫」と思わず、都度見直しする習慣をつけるといいです。

③報連相が出来ていない

 

先輩と一緒に仕事をしていて、報連相が出来ていない人は注意です。

 

報連相で先輩と共有しておかないと、後々に大きなミスを引きおこしてしまう可能性があるからです。

 

コミュニケーション不足によって起きるリスクから、先輩がイライラすることも増えてしまうでしょう。

ですので報連相は必須です。

 

時間や期限に間に合わない上に連絡が遅れてしまうとさらに印象が悪くなってしまいます。

 

ミスが起こったら迅速に報告すること。

 

報告が遅れたり隠そうとすると問題はさらに悪化しやすいです。

 

余計先輩との関係が悪くなってしまいますので注意しましょう。

④雑務でもサボらず行なっているか

 

若手社員だと会議の準備だったり、社内の掃除など任される機会が多いと思います。

 

雑務は面倒ですが、雑務とはいえしっかりやっていると周りから評価されるものです。

 

僕の実体験ですが会議の準備をすることを忘れてしまい、周りの先輩をイライラさせた経験があります。

 

雑務も立派な仕事です。

 

小さなことでもこなしていくことで、着実に先輩など周りから評価は高まるはずです。

それでも状況変わらず「仕事を辞めたい」と思った時に、検討すること

 

ここまで説明した怖い先輩への対処法を実践しても状況が変わらなくて

 

「一緒に仕事したくない」

 

という気持ちが強いのであれば、以下のどれか実践してみましょう。

同僚や地位の高い人に相談する

上司に相談

 

まず同僚に今の辛い気持ちを聞いてもらいましょう。

 

話しているうちに気にならなくなるかもしれません。

 

もし根本的に問題解決したいのであれば、その先輩の上司に相談してみるといいでしょう。

 

そこで「〇〇先輩が怖いから」という理由で、他の部署に異動したいと伝えてもいいと思います。

 

もしかしたらあなた以外の人も「〇〇先輩が怖くて仕事が出来ない」といった報告していた場合、

 

その先輩は異動させることが出来る可能性があります。

第三者機関に相談する

 

同僚に相談出来る相手がいない時は、第三者機関に相談するといいです。

 

労働組合がある会社なら労働組合に相談するのが良いでしょう。

 

労働組合のない会社なら最寄りの「労働基準監督署」の総合労働相談コーナーに相談してみましょう。

 

以下のURLより最寄りの総合労働相談コーナーを探すことが出来ます。

 

“あわせて読みたい”

 

総合労働相談コーナーではいじめや嫌がらせなど、労働にかんするあらゆる相談することが出来ます。

 

ほんの小さな悩みにも相談をのってくれるので、これを機に行ってみるといいでしょう。

それでも状況が変わらないのであれば退職を検討しよう

 

ここまで紹介した方法を実践すれば、大抵解決できます。

 

ただそれでも問題解決できない時は退職を検討しましょう

 

「先輩が怖いから退職するなんて」思うかもしれませんが、これ以上に続けて鬱になってしまったら元も子もないないです。

 

もし退職の意向を上の人に告げる勇気がなかったり、辞めにくい状況ならば「退職代行サービス」を使ってみるのもいいです。

 

退職代行サービス」は依頼者の退職を実現するために会社に対して電話等で退職の意思を伝えてくれます。

 

また、退職にあたり、有給の消化、保険証や貸与物の返却方法の指定などを依頼者の代わりに行います。

 

 

今の職場に見切りをつけ、次こそは仕事にやりがいを持てる場所で働けるよう転職活動してみましょう。

まとめ

 

では今回の内容を忘れないように最後まとめようと思います。

 

まとめ
・先輩イライラして怖いのなら、まず自分の行動で怒らせてしまったのか考える

 

・怖い先輩には「厳しい先輩」と「理不尽な先輩」の2つ分かれる

 

・厳しい先輩は、あなたを思ってくれる優しい人物

 

・理不尽な先輩の行動は「気にしない!」ことが1番

 

・もし本当に辛くなったら、部署移動や退職を考える

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です