スキル・実績なし!25歳の転職活動の始め方

【仕事でクソ怒られた】今後話しかけづらいけど、どうしよう?

 

「上司にクソ怒られたあとは、話しかけづらい・・」

 

で悩む人って多いですし、辛いですよね。

 

めちゃくちゃ分かります。

 

この記事では、上司に話しかけるのが

苦手だった僕があなたに

アドバイスをしようと思います。

 

具体的には

 

・話しかけづらい状況を打破する方法

・もしまた怒られた時は?

 

の順番に重要なポイントだけをご紹介していきます。

 

50秒以内で読める内容ですので

ぜひ読んでみてください。

仕事でクソ怒られて、話しかけづらい・・・

 

上司に仕事でクソ怒られた時

物凄く凹みますよね。

 

不注意でミスをしてしまい

大きな声で怒鳴られると

 

ショックだし、上司に対し

恐怖心を持ってしまいます。。

 

まるで周りの晒し者かのように

怒られ、恥ずかしい思いになりますし。

 

しんどいですよね。

めっちゃ気持ちは分かります。

でも社会を出て、怒られない人はいないよ

気持ちがナイーブになっている

あなたに、僕から言いたいことは

 

社会に出て全く怒られる人はいないよ

 

ということ。

 

誰しも一度は怒られるものです。

 

ミスは誰にでもあることだし、

ミスをしない人間はいません。

 

ミスをすれば怒られます。

 

仕事をちゃんと出来るように

なってもらわないといけませんからね。

 

怒られることは時には必要なこと。

 

そして、何度もいいますが

怒られることはあなただけではないです。

同じことで怒られないように意識すること

 

これは至極当然なことですが、

怒られた後は、同じことでまた

怒られないように注意することが大事です。

 

同じミスをしてしまうと

余計相手は、怒りたくなるでしょうし。

 

また怒られて、関係がギクシャクするのは

お互いに良くないし、

余計働きづらくなってしまいます。

 

ですから同じことで

怒られないよう注意すること!

 

因みに、同じことで

怒られるのを防ぐ方法として、

 

昔僕がよくやっていたのは

自分専用の確認リスト」を作りました!

 

リストに載せる内容は

 

・怒られたこと

・上司に以前指摘されたこと

 

を書きます。

 

そうすれば、過去失敗したケースに

また出くわした時にメモを見れば、

簡単に回避できますよね!

 

リストにないことを注意されたら

都度追加しておく感じで!

 

これを繰り返すことで仕事の質が上がり、

怒られるリスクは一気に下がりますよ!

クソ怒られた後、話しかけづらい状況を打破するために

 

ではここから実践的な話。

 

クソ怒られた後、

話かけづらい状況を

打破する方法を教えます。

 

クソ怒られた後に、

上司に話かける際は、以下のこと

を意識するといいです!

 

MEMO
①上司の反応を想像しない

 

②上司との会話が自分の負担を軽くする行為だと考える

 

③要件を伝えてから、相談する時間があるか確認する

 

 

これは、僕が上司に怒られた経験から

身についたスキル?(←スキルって程でもないか笑)です!

 

じゃあ、1つずつ説明していきますね!

①上司の反応を想像しない

 

まず、上司の反応を想像しないこと!

 

上司に話しかけづらいと

思ってしまうのは、

 

話しかけたら、また怒られるかな

 

と想像してしまうからです。

 

だからまず上司に話しかける時は

ネガティブなイメージを持たないことです!

 

まだ起こっていないことを

心配しても仕方がないことです。

②上司との会話が自分の負担を軽くする行為だと考える

 

上司に話しかけるのが怖い・・

 

という気持ちは重々承知です。

 

ですが上司と会話することは

あなたにとって実はメリットなんです。

 

上司との会話を通じて、

業務のことを共有することで、

 

仕事でトラブルになる確率を下げてくれます。

 

悪い報告で話しかける時は

 

「怒られるのか、怖いな・・」

「上司の機嫌が悪くなってしまう・・」

 

と思い、行動に移しにくいと思います。

 

しかし思い切って報告した方が、

かえって気持ちが楽になります。

 

話しかけず放ったらかしにすると、

どんどん気持ちは重くなるばかり。

 

時すでに遅しな時に話されたら、

逆に上司にこっぴどく怒られるでしょう。

 

ですから上司に話しかけるのに

勇気が出ないと思ったら、

 

「これは自分を守るタメだ」

 

と心に言い聞かせるようにしよう!

③要件を伝えてから、相談する時間があるか確認する

 

上司に話しかける際、

あなたはどのように話しかけますか?

 

突然要件を伝えるのは、失礼だと考え、

 

「今お時間よろしいですか?」

 

と聞いていませんか?

 

上司に配慮した言い方ですが、

上司からすると

 

「何?!」

 

という反応になりかねません。

 

最初に

 

「今お時間よろしいですか?」

 

と聞くことは、

時間に余裕のある人への言い方です。

 

上司って忙しい人が多いと思うので

あまりこの聞き方は適していないです。

 

怒られた後でしたら、

より丁寧に聞く必要があるでしょう!

 

聞き方は下記の感じで聞くといいでしょう!

 

上司への話し掛け方

 

❌:「今お時間よろしいですか?」

⭕️:「〇〇の件で、今お時間よろしいですか?」

 

こんな感じで要件を先に伝えることで

上司も「何!?」と確認する必要がないので

スッと話ができますよ。

 

もし話しかけた時に、怒られたら・・・

 

もし仮に話しかけた際、

怒られたりされたら嫌ですよね。

 

気持ちがしょんぼりしますよね。

 

そういう時は、下記のことを

意識してみましょう。

 

もし話しかけて、怒られたりされたら

①怒られても死ぬわけでもない

②「これでいいんだ。仕方がない」と考える

 

では1つずつ説明をしていきますね。

 

①怒られても死ぬわけではない

 

怒られたりすると

 

「この世が終わった」

 

みたいな感じで悲観する人いますが

そんなに思い詰める必要はないです。

 

確かに怒られたら、

 

・気分が落ち込む

・恥ずかしい

・悔しい

 

という気持ちになるから、

 

話しかけたくないという

気持ちになるのは分かります。

 

だけど、仮にまた怒られたから

といってクビになったり

 

極端な話ですけど、

死ぬわけではないですよね?

 

勿論怒られないことに越した

ことはありませんが、

 

怒られたことによって

命までとられることはありませんよね。

 

怒られてしまったら、

こんな感じで心の中で唱えてみてください!

 

「別に死ぬわけでもない!

 怒られたけど、まぁいいや。」

 

こんな感じで思ってあげると

不思議と気持ちがリラックスできて

案外話しかけやすいですよ!

②「これでいいんだ」と思う

 

先ほど教えた通りに、

要件から先に話しても

 

上司がムッとしたりして

自分が嫌な思いをしてしまった。

 

そんな時は、

 

「これでいいんだ、

 怒られても仕方がない。」

 

と思うようにしてください。

 

反対にダメなのは、

 

「やっぱり怒られた」

「やっぱり嫌な思いをした」

 

と思うこと。

 

「やっぱり」って思うと

どんどん負のスパイラルに

陥ってしまいます。

 

別にあなたは悪いことを

しているわけではありません。

 

上司の対応に嫌な思いをしたら

 

「これでいいんだ。

 別に悪いことをしていないし

 何も問題ない!」

 

と割り切るように!

 

あなたは本当に悪いことしていませんし!

もう上司との関係を限界を感じているのであれば・・

 

もう上司との関係に限界だよ・・

 

と思う人は、

転職や部署異動を視野にいれ

考えたほうがいいですね。

 

そんな人は、下記の記事を

見て参考にしてみてください。

 

上司との関係に限界を感じる・・

 

上司との関係に限界を感じているあなたは、この記事オススメ

 

【関連記事】

 

上司との関係がストレスで限界のあなたが 楽しく過ごす為のポイント

 

上司との関係がストレスで限界のあなたが 楽しく過ごす為のポイント

まとめ

 

クソ怒られた後上司に話しかける

のは、勇気がいりますよね。

 

今回は憂鬱になっているあなたの

背中を押したいと思って、記事を作りました。

 

今回ご紹介した方法で

取り敢えず話しかけてみましょう。

 

あなたが話しかけない限りは

前に進まないので、余計上司との

関係が悪化する可能性は高いです。

 

取り敢えずは、まずは

気持ちをリラックスして話しかけてみるです!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です